閑話休題その3 クークラに関して

◇ 閑話休題その3 ◇
クークラに関して




 クークラは、どんなモノにも宿ることが出来る魔導生物。本体は目に見えないエネルギー体で、何かに宿っていないと霧散してしまう。

 普段は人形などの、生き物を模した物品に宿っていることが多いが、依り代は何でもよく、やろうと思えばそこらに転がっている石ころにも宿ることが出来る。

 ただし、運動能力はもとより、知性や心、そして能力は宿った身体の影響を受けるため、あまり変なモノに宿ると自我を失い、自力では他のモノに宿り直すことすらままならなくなる。

 そのため、依り代の選定は慎重に行い、また万一の事が無いように、「乗り移り」は必ず他人が見ている前でするよう、親がわりのハクから厳命されている。

 根本となる性格は、中性的で幼い感じ。そして好奇心が強い。
 不思議と思ったことに対し、その原理を解き明かそうという強い欲求を持ち、積極的でポジティブ志向。何に対しても物怖じせず、その分イタズラ心も強い。
 ただし身体によってかなり変化する。
 少女の人形に宿れば少女のように振る舞うし、大人の人形であれば多少大人びた性格になる。
 また、これは本人も経験がないのでまだ知らないが、死体を依り代にすれば死者の生前の記憶を知り、生体に乗り移れば記憶や能力ごとその魂を吸収する。
 ただし、強い精神力を持つ者や、魔導の心得がある者ならば、クークラの乗り移りに抵抗出来る場合がある。

 ハクとの出会いは、勇者がハクに対してクークラの養育を義務づけた事に始まる。
 一人で幽閉された場合のハクの精神を心配したための措置だった。

 勇者の目論見は当たり、母を亡くし絶望の淵にいたハクは、クークラを養育するという責任感に目覚め、その精神を持ち直す。

 クークラもまたハクを慕い、互いを支えながら生きて行くことになる。

 しかし、その出自を勇者は伝えることは無く、クークラ自身、自分がどのように生まれ出たのかをわかってはいない。

 クークラは、氷の種族との戦争のおり、下の大地の魔道士たちが団結して創り上げた兵器である。

 正確には、兵器の動力として創り出された。

 自律式の大砲。巨大なゴーレム。動く小城。
 ただのオブジェでしかないそれらに、クークラのような存在を宿らせることで自在に動かし、戦争における兵器とする。

 そんな思想の元に、魔導の粋を集めて創り上げられた魔動力。その第一号試作品がクークラだった。

 システムとしては、人工的に創られた付喪神と言ってよい。
 ただの物品を一時的に付喪神とする魔術「アニメート」とも関連がある魔導技術だが、その完成度は比較にならないほど高度で、単純に技術としてのみ見るならば、芸術的と言ってもいい。
 しかし、その術式は禁呪と呼ばれる種類のものでもあった。

 魔道士たちは、多くの子供たちの魂を身体から引き離し、加工して使用していた。
 戦勝という大義名分のため倫理は軽んじられ、勝つためならば何をしても許されるという風潮の中、子供たちの犠牲も、それを知る立場の人間の多くが、尊く気高い生け贄として祀り上げていた。
 
 魔道士たちはその技術を誇り、人間たちの旗頭として前線に立っていた勇者に、苦労して創り上げた「試作兵器」を紹介する。

 魔道士たちには罪の意識はなく、純粋に兵器運用上のアドバイスを求めようとしたのだが、計画の全容を知った勇者は激怒。
 魔道士たちの研究機関と施術場に乗り込んで、全ての研究結果と施設を破壊した。
 
 もしもこの技術が完成し、量産化された暁には、どれ程の魂が「加工」された事であろう。勇者の行為は蛮行との非難も受けたが、彼は意に介さなかった。

 唯一の完成品だったクークラは、水晶の原石に宿らせたまま眠らせ、勇者が自ら保護していた。
 
 自らの生い立ちを、クークラが知る機会は未来永劫、訪れない。
 ただ、魔術アニメートを習得する過程において、自分が付喪神やアニメートによって動く物品と同質のものであると直感し、自分に比べれば原始的であるそれらの存在への愛おしさを、クークラは深めていく事になる。



この記事へのコメント

  • こんにちわー。
    こういう設定とか読むのが大好きな朔ですw
    もともと図鑑や百科事典なんかを読むのが好きな人種で、どんな事象にも原理や歴史があるというスタンスというのと、純粋に自身が想像もできないような考え方を味わえるとうのが恐ろしく美味と感じる変態さんなのでw
    まぁ頭が悪いので物理学なんかの難しい考えは理解できずに消化できなくて味わえないのですけどねw
    2016年03月13日 15:31
  • yuki

    閑話休題その3アップお疲れ様です。
    本編とは別にアップする分、閑話休題のある週は大変なのでは?
    とはいえ、作中の中で語る設定には限度があるので・・・
    こういった形で、より深く物語を楽しめるのは読者として嬉しいです。
    こういった裏設定は大好物!ですから。

    それにしても、裏設定だけで別の話が一本書けそう・・・。
    何処で生まれ、どの様に考えて生きていたか。
    一人の人物を描くに当たって、それを考えるのは大事なプロセスだとは思うのだけど。
    言うは易し行うは難し・・・諸々知識も人生経験も必要ですし・・・。

    兵器として作られたクークラ、そしてその出自を伝える事無く保護し、ハクに預けた勇者。
    クークラ保護の際の諍いやら、国教会の歴史書との食い違いやら・・・勇者と国教会の間にはいくつも問題がありそう。
    そして、クークラをハクに預ける辺り・・・少なくとも、勇者はハクを危険視してはいなかったのかな?
    寧ろ、信用していないと、兵器の動力源になり得る存在を預ける事は出来ないと思うのですが。
    勇者が魔王を倒して戦争が終結した件に、どれだけの国教会による隠蔽があるのやら。
    第二話第三章も楽しみにしています。

    それと。
    「E★エブリスタ」に目次追加されたんですね。
    お陰様で非常に読みやすくなりました。
    以前は何処が何ページか覚えてないと、すぐに読みたい部分が開けなかったですからね・・・。
    あの、第二章の目次なんですが・・・
    『Bar.「プ」レイブハート』になってるんですが・・・。
    ぷっふー!w
    2016年03月13日 22:05
  • ロキ

    >>朔さん

    まぁ実はこの閑話休題、設定というよりも妄想垂れ流しとちょっとしたネタバレみたいな物だったりします。

    そのため、原理も何もあまり考えてはおらず、何か突っ込まれると、ファンタジーだから! と、反論にならない反論をするのが精一杯だったり……。

    できるだけ整合性のあるファンタジー理論で行きたい所ですが。
    でも、クークラに関しても、数多くの子供の魂の加工が、どうして憑依するエネルギー体に繋がるのか……なんて突っ込まれたら、やっぱり「ファンタジーだから!」と反論するしか無くなったりします。

    そんなお話ですが、これからも読んでいただければと思います。よろしくお願いしますね♪
    2016年03月14日 06:57
  • ロキ

    >>yukiさん

    いつもありがとうございます。

    閑話休題に関しては、本文の時ほど構成をしっかりとしていないので、書く時間自体はそこまで長くはありません。割りと楽に楽しんで書いていたりします。

    クークラは、巨大なゴーレムのハリボテとか、自律式大砲のガワとかと一体で「兵器」となるので、クークラだけ居てもさほどの脅威ではないという判断のもと、また、作られてしまった以上、殺すわけには行かず、出来れば目を覚まさせて静かに生きて行かせたいという勇者の考えがあり、そのためには幽閉されるハクと共に置くのが良いと判断した……という設定を今考えたりしています。

    こういう部分は、ぼんやりとは頭のなかにあるのですが、やっぱり文字にしないと「設定」にはならないですね。

    実のところ、クークラの存在はストーリーの必要性として最初にあって、憑依生物的キャラクタはかなり後になって出来ました。
    多分、キキさんのアルバイトの紹介記事を書いた時「魔導生物」という言葉をポンと使った事からの発想だったはず。

    そのため、憑依生物としての要素を、果たしてストーリーに絡めていけるのか、今のところまだ分かりません。というか、今のところ考えているストーリーラインでは、クークラは単なる人形の身体の子供でしかなかったりします。

    勇者は自分の役割を終えたと判断した時に、人々の前から姿を消し、バーのマスターを始めました。
    基本的に国教会を鬱陶しがってはいますが、あれも平和裏に社会を治めるためには必要な装置だろうとも考えており、ちょっとしたコネクションは保っています。そこからキキさんにアルバイトの話を持ってきました。

    そして。
    Bar.プレイブハート……
    ほ……ほんとーだー!!
    BとPなんて、キーボード上ではかなり離れたところにあるのに!

    どうしてこうなった!
    どうしてこうなった!!

    ……ご指摘ありがとうございます。直してきます。
    2016年03月14日 07:12