閑話休題その4 スヴェシに関して

 ある意味、もっとも書きたいと思っていた人物紹介。
 ストーリーの演出にも関わる「徹底した人物紹介」というアイディアの最初は、彼を紹介するためのものでした。
 作中本編では絶対に明かされることのない、スヴェっさんのフェチズム。左手の凍傷ですら、彼にとっては法悦だったりします。
 知られざるスヴェシの生態を御覧ください。






◇ 閑話休題 ◇
その4:スヴェシに関して


 幼いころに、ハクの作った氷結晶を見たことが、スヴェシの人生を決定づけた。

 氷結晶は、国教会にとっても秘跡中の秘跡。本来ならば子供が見られるものではないが、しかしその当時の主教であった彼の祖父は、いろいろとおおらかな人物だった。

 幾何学的に、立体的に、透かし彫りを施されたその氷結晶はあまりにも美しく。
 少年スヴェシは魅了される。
 以来、スヴェシは迷いの森がある区の主教となるべく努力を始めた。

 主教という地位は、土地の信者と聖職者、そして他区域の主教三人以上の支持を得て初めて叙聖される。決して血統で選ばれるわけではない。
 スヴェシは自身の能力と努力、さらには祖父の持っていた人脈までも活用し、時には凄惨な政争を仕掛けることすら躊躇わず、若くして主教の座を勝ち取った。

 その過程において、彼の精神力は鋭く磨かれることになる。

 彼を突き動かしたのは、氷結晶をもう一度見たいという想い。
 そして、それを創った魔王の娘に会いたいという憧れであった。

 主教として初めてハクと対面した日。
 彼の魂は夢を叶えたことで舞い上がる。この時の興奮は、後の彼の行動の原動力となる。
 しかし、魂の昂ぶりのままに振る舞えば、スヴェシは早晩に失脚していたであろう。
 超人的なまでに鍛え上げられた精神力を以ってこれを制御したからこそ、スヴェシは自身の役目を完全に果たし得た。

 スヴェシにとって、主教の位は手段でしか無い。
 目的は、氷結晶と、創り手のハクのもっとも近くに居ること。
 優先順位は、あくまで魔王の娘と氷結晶が最上であり、現世での出世や、国教会そのものですら、スヴェシの中ではその下に置かれている。

 そのため、能力的優秀さと、(周りからは)宗教的使命感(のように見える情熱)を評価され、いつかは国教会のトップである総主教の座に登り詰める可能性があったにも関わらず、スヴェシは出世レースには目もくれなくなり、迷いの森地区の主教の座に座り続けることになるのである。

 そんなスヴェシだが、魂の昂ぶりを制御しきれなかったことが、二度ある。

 一度目は、ハクに氷結晶を定期的に創らせるという提案を上げた事。

 本来、氷結晶は氷の種族を下の大地へと導いた、国教会としては禍々しいものである。宗教的理由から必要な時にのみ、限られた数の氷結晶をハクに創らせるだけだった国教会に、定期的に作成させるよう仕向けたのはスヴェシである。
 理由は、もちろん氷結晶を見、触れる機会を増やしたかったから。

 もう一度は、形骸化していた「砦改め」や砦跡の整備に関しての義務からハクを開放し、氷結晶作成に集中させるという案を出したこと。

 砦跡の整備義務は、もともと勇者の言いつけでもあったためさすがに廃止は承認されなかったが、氷結晶の経済的価値に眼がくらんでいた国教会総主教庁の意向もあり、アルバイトを雇いこれを委任するという許可が降ろされることになった。

 ハクが砦跡に幽閉されて以来、四代目にして最後の主教となるスヴェシ。

 ハクと氷結晶に想いを馳せ、人間としてそこに最も近づく事ができる地位を、スヴェシという稀有な人物が勝ち取った。それが物語の最後、どのような意味を持ち、誰にとっての幸せに繋がるのか。

 それはまだ誰も知らない。

この記事へのコメント

  • こんばんわ。
    なるほどスヴェシさんは。。。
    冗談は置いておき、そういった人間くささというものが設定されていて少し驚きました。

    自分個人の話ですが、学生時代に何度か宗教関連でものすごく嫌な体験やらをしているので、どーもこういったキャラにはフィルターがかかってしまうのですよねー。
    でもよっぽど宗教的使命感とか倫理観よりも自分の欲望を第一にしてそれらとすり替えるあたり、やり手なのはわかりましたし、好感が持てますねw


    2016年03月23日 18:40
  • ロキ

    >>朔さん

    スヴェシに関しては、この閑話休題を見る前と見た後ででは印象がぜんぜん違う……という感じなればいいなと思っています。

    実のところ、彼も宗教的情熱(ちゃんとしたやつ)が無いわけではないし、自分の主教区の信者のこともちゃんと考えているし、それなりに愛してもいるのですが。

    それを遥かに超える執着を、氷結晶に持ってしまっています。

    氷結晶フェチなんです。

    だからやっぱり、氷結晶>>>他のあらゆること、だし。
    そのせいで主教の座は手段だと捉えているし、その手段の内容を多少愛していたとしても、氷結晶にふれられなくなるのであれば、それらを切り捨てることも辞さないくらいに。
    ヒョウフェチなんです。

    行動の原動力が氷結晶なんです、彼。

    まぁ、キキさんですら、心の準備をしないで見ると心を奪われてしまうハクの氷結晶。

    多感な少年時代にそれを見てしまったのが問題なんでしょうね……子供の頃に黄金を見てしまった新史太閤記(司馬遼太郎)の秀吉のよう。
    2016年03月23日 19:25
  • yuki

    実は氷結晶フェチだったスヴェシさんことスヴェっさん。
    好感度的には昇格ですが、主教としての威厳は降格かも・・・それはさておき。

    フェチズムとか生態とか言うと、変態地味て聞こえるけれど。
    情熱と憧れと言えばそうでもない。
    閑話休題を見る前と見た後の印象は・・・全然違う、と言うより納得したと言う感じでしょうか。

    ハクの幽閉から、国の中心的宗教「国教会」が出来上がるまでの時間。
    北の大地との戦争が記憶に残した爪痕も薄れ、幾度迷いの森担当の主教が入れ替わったかも分からない。
    ハクの氷結晶作成能力に目を付け、教会の財源として売り捌く。
    そして「氷結晶拝領」に、氷結晶作成に専念する為のアルバイト雇用許可。
    時の流れと共に「邪悪な存在」という認識から、「氷結晶作成の道具」の様な認識に変わっていったのかと。
    只々、ハクが自身を無能力の存在として認識し、氷結晶を作り続け、教会の財源を潤し続ければ良い、と。
    ハクの心を徹底的に折る為に、国教会と勇者への盲目的信仰心を持った人物が主教スヴェシなのかと・・・思っていたのですけどね。
    「氷結晶拝領」も「アルバイト雇用許可」も、スヴェっさんによるものだったとは・・・。

    幼い頃に、戦争が史実となり得る時が過ぎた時代に、ハクの作った氷結晶を見たスヴェシ。
    その胸中には、「邪悪な存在」としてのハクの姿は無く、只管に「憧れの人」としての姿だったのではないでしょうか。
    創造物には、少なからず造り手の心が反映される、とも言われますし。
    氷結晶の美しさと共に、ハクの内面にも惹かれるものを感じたのではないかなぁ、と。

    今まで、クークラと共に、外界から絶たれた岩砦にいたハク。
    そこへやって来たキキさんは、ハクと外界を繋ぐパイプとも言える存在。
    吹き込んだ風は、ハクの閉ざされた心を溶かし、それはハクの創る氷結晶へと反映される。
    その変化にまっ先に気付くのは、誰よりも氷結晶とハクに思いを馳せるスヴェシなのではないかと。
    それに気付いた時、彼はどう行動するのか。
    ハクが国教会の呪縛から解放された暁には。
    それまでとは比較にならない美しさの氷結晶が創られるのではないかと・・・

    閑話休題を読んで、そんな事を考えました。
    さて、実際の今後の展開は・・・どうなるんでしょうね?
    前半のエンディングを終えた第三話、楽しみにしています。
    2016年03月25日 20:23
  • ロキ

    >>yukiさん

    引き続き、ありがとうございます。
    書評を頂いている側から言っていい事なのか分かりませんが、書評を書く能力がどんどん上がって行っているような……。

    それはともかく。

    「納得」してもらえるのは嬉しいですね。
    なぜキキさんにハクを支えて欲しいと言ったのか。なぜ氷結晶の入った箱をストイックに手で持って行くのか。
    閑話休題を見て、それを納得してもらえたなら、書き手として満足感があります。

    スヴェシにとってのハクは、例えて言うなら好きな曲を作ったアーティスト。

    好きな曲が出来たら、その作り手や歌い手への興味や憧れが当然湧くように、彼は表結晶の作り手ハクへの憧れを持ちます。

    で、一般人(人間)の身でその一番近くに行くためにファンクラブに入った(主教になった)。
    おかげで、握手会では特別扱いしてもらえるし、コンサートでは最前列で好きな歌を聞くことが出来るようになった。

    その行動力の原動力は、やっぱり愛情ですね。表結晶への。

    氷結晶の作り手である以上、スヴェシにとって魔王の娘であるという属性は、なんらの障害にもなりませんでした。

    ただ、それと主教としての役目はまた別問題で。
    ハクの心を折り続ける意義は理解しているし、またそうでなくとも聖務を疎かにすれば、主教の座から滑り落ちる可能性もある。
    また、いくら好きだと言っても、氷結晶の横領なんてもっての外。

    そういう考えも諸々含めて、表面上は真面目で厳しい主教として振る舞える精神力を持っているのがスヴェシかな、と、思っています。

    また、考査された通り。
    スヴェシが氷結晶を愛するあまり、その作成と、作成のためのアルバイト雇用を国教会に働き掛ける。

    キキさんが来る。

    ハクの氷結晶を褒める。

    ハクが自尊心を取り戻していく。

    ハクの氷結晶創りが加速していく。

    という流れは作品テーマの一つとしてあります。
    第二話の加筆修正では、エンディングでのキキさんによるハク褒めが大幅に増加していたりします。

    で、それもあって、第三話ではハクの氷結晶創りへの情熱が燃え上がって行くのですが。
    仕事にのめり込み過ぎると、それはそれで、さてどうなるのか……という感じに。

    今後共楽しめるような作品にしていきたいとは思っています。よろしくお願いしますね。

    P.S.
    裏の裏設定として。
    ・砦改めを簡略化したのは、二代前の主教で、スヴェシの祖父。色々おおらかな人。

    ・スヴェシのスヴェっさん面に気づく可能性があるのは、彼と最も深く交わらざるを得ないハクのみ。
    2016年03月25日 23:33