閑話休題 ◇ 往きて還りしルサの物語 その一 ◇ 第二の旅立ち

 キキさんの先輩。マスターが最初に仲魔にした水の化身「ルサ」姐(ねえ)の話になります。
 最初の構想では出す予定はなかったのですが、エンディングでちょっと出演してもらう展開を思いつき、それが唐突な感じにならないよう、あらかじめ紹介しておこうという意図で始めました。
 書き手ですら「さん付け」をしてしまうキキさんを、呼び捨てに出来る数少ない人物。マスターが異世界に旅立ってから、キキさんがアルバイトを終えるまで、ルサ先輩が何をしていたのかを描いていこうかと思います。




◇ 閑話休題 往きて還りしルサの物語 ◇ 
第一話 第二の旅立ち





 彼女はある森の中の沼に住んでいた。
 そこは死産した子供や、祝福されなかった子供が秘密裏に捨てられる沼で、過去には絶望した花嫁が身を投げた事もあった。嘆きの魂は沼の周りに満ち、やがて習合して、彼女は生まれた。
 沼地の水を思わせる褐色の肌に、月の光のような明るい色の金髪。そして金色の瞳を持っていた。
 彼女は満月の夜に、湖沼に近づく男性を魅了し、しばしば水の中に引き込んだ。
 そのため森の周囲に住む人間たちはこれを畏れ、旅をしていたある冒険者にその退治を依頼した。
 冒険者が湖沼に近づくと、彼女はそれを魅了し、操ろうとした。しかし冒険者の心は強く、彼女の魔力を弾き、逆に彼女にルサと名付け、支配してしまった。
 冒険者は、自分をマスターと呼ぶように命じ、今日からルサは冒険の仲間であると言った。
 不本意だと思っていたルサだが、幾度もの冒険を経てマスターを信頼するに至り、更に四人の後輩たちが出来た頃には、ここが自分の居場所だと考えるようになった。
 彼女たち五人とマスターは、色々なところへ行き、様々な冒険をした。時には古代のダンジョンを攻略し、ドラゴンを倒したこともある。
 それは充実した、楽しい時でもあった。
 だが、やがて別れは来る。
 マスターは、新たな冒険を求めて異世界へ旅立つつもりだと、ルサと仲間たちに言った。
 居心地の良い場所が失われることを残念に思う気持ちと、支配から離れる事にせいせいする気持ちがあった。
 何より、今ある居場所を捨てる寂しさ以上に、まっさらな位置に立つという事への興奮が強かった。
 ルサとは違い、今の居場所にこだわった仲間もいた。
 三番目に仲間になったキキがそうだった。
 ルサは、彼女の考えを否定はしなかったが、同時に苦言もした。
 マスターは、スクラップアンドビルドの人だ。いつか帰ると宣言した以上、そりゃいつかは帰ってくるだろうが、出来上がった世界にあいつは魅力を感じない。所在不明の仲間探しでもさせた方がよっぽど喜ぶだろう。
 それからな。
 保守的で奥手な、可愛いカワイイ妹分の意志は尊重してやるが、あのアホが異世界に満足して帰ってくるのなんて、ずっとずっとずぅっと先のことになるだろう。
 待つというなら、それは心しておけよ。
 引き篭もるのが嫌になったら、マスターの帰ってくる場所なんて、いつでも捨てていいんだから。
 後輩の負けん気に火を付けてから、ルサは最果ての森を出た。
 時は終戦直後。
 下の大地に荒れ吹雪いた氷の種族たちの脅威が、女首領が討たれたことによってついに去った。
 そんな冬の明けたような世界を、ルサは一人で渡り歩いた。
 ある時、大きな森の中に入った。
 そこは北と南を街と街に挟まれた場所にあった。
 戦後復興の勢いに乗る人間たちが、森を南北に貫く河を利用して運河を作り、それを中心に森を開発して南北の街を繋げていこうという計画を立てていた。
 すでに多くの人夫たちが雇われ、森に開発の資材を運びこんでいた。
 森を開発すると言うことは、その地に住まう者達を追い出すことでもある。
 人間たちは、氷の種族との戦争を制した勢いがあり、また他種族との抗争を辞さない闘争心を培っていた。
 数が少なく、氷の種族ほどには個々の戦闘能力が高くない「森に棲む者」達は怯え、不本意ではあるが、血が流される前にその地を譲るという意見に傾いていた。
 森の中の湖沼で生まれたルサは、この土地に愛着を感じ、弱腰の意見に対し憤激した。
 戦うのであれば、私は力を貸そう。
 森と川辺に住む者達の前で、ルサは大きく胸を張って言った。
 宣言通り、ルサは森に住まう者達を先導して人間と戦うことになるのだが、それはまた別の話。

  
◇ ◇ ◇ ◇


 以下、MMDモデルの「褐色ツインテえるふ娘ことグラニエさん ver.6.3.1」の紹介。
 アーネさんやエイゼル嬢と同じ、smnさん作成のMMDモデルデータ。ルサ先輩のビジュアルは、基本的にこのモデルを参考に思い浮かべています。
 キキさんがパーティを後ろから押し支える役目だったとするならば、ルサ先輩は先頭を買って出るアタッカー。背中で後輩たちを引っ張っていくタイプ。見た目はともかく、性格は姉御肌で、裏ではパイセンとか呼ばれてそうな娘です。

グラニエ紹介2.pngグラニエ紹介3.pngグラニエ紹介.png

……
…………

 うん、まぁ。こりゃ水の中に引き込まれても本望ですわ。
 そしてこの娘を「支配」したマスターぇ……。
 ちなみに、マスターを男だとは言っていない。女だとも言っていない。その辺りは、読み手の好きに想像していただければと思います。

この記事へのコメント

  • yuki

    ルサ姉さん、露出高過ぎぃ!
    からの2枚目かと思いきや、3枚目・・・目線とか、格好とか。
    趣味全開というか、妄想全開というか・・・。
    いやまぁしかし。
    こんな娘に水の中に引き込まれるなら本望ですな!
    被害者の皆さんも、夢心地のまま逝けたんじゃなかろうか?
    ・・・それはさておき。

    ルサ姉さんの印象は「男前」。でもそれ以上に「イケイケ」な感じ。
    フレイアさんとは逆ですね・・・何だろう、この違いは・・・。

    湖沼に近付く男性を魅了していたルサ姉さん。
    冒険者(マスター)も魅了しようとした辺り、マスターって男性なのかな?と思ったけど。
    ルサ姉さんがアホと呼んだり、ロリキキさんが頭を撫でられるシーンがあった事を考えると。
    結構仲間との絡みが多いと言うか、すごくフレンドリーな方だったに違いない。
    そう言う場合の想像(妄想)って、やっぱり男性より女性の方が萌e・・・いや、何でもないです。
    マスターもマスターで年齢不詳そうだしなぁ。
    それこそ、見た目詐欺なんだろうなぁ。

    前述コメントはすみません。
    「『最古』のシーン」ってどういう事かなぁと思って。誤字なのか、文字通りの意味なのか?
    とは言え、キキさんが二度目の「奥の手」を使うシーン。重要なシーンである事には違いないんでしょうけどね。

    ルサ姐さんの別の話も気になるけれど。
    番外編、みたいな感じで書く事はあるのでしょうか?

    どちらにせよ、まずは第3章。キキさんとハクがどう仲直りするのか。
    自分には喧嘩の仲直りの仕方が分からんとです・・・。
    それなりに付き合いが無いと、喧嘩自体しないですし・・・。
    2016年04月07日 05:16
  • ロキ

    >>yukiさん

     ルサ先輩に関しては、実は最初の所、出す予定は無かったのですが……。しかし、smnさんの代表的な3モデルのうち、このグラニエさんのみ使う当てがないなぁなどと考えていたら……。
     
     それにしても。
     フレイアが「男前」という評価だったので、じゃぁ今度は男前なパイセンキャラでと意識していたら。うーん、一体なにがどう違うのだろうww?

     ちなみに、ルサ先輩が男性を沼に引き込んでいたのは、名前をとったロシアの精霊(? 妖怪?)「ルサールカ」がそういう事をしているという伝承があったからだったりします。
     キキさんが、機織りが趣味だったり、ボルゾイ犬の尻尾がついているのも、キキーモラの伝承がそうなっているため。
     モデルがあると、細部を作るのが楽です。

     マスターは、実は自分の中では男性のイメージだったのですが、かなり早い段階で「女性のほうが萌えるかも。しかし完全女性パーティというのもあざと過ぎな……」と、考えているうちに、どっちでもいいや、と、なりました。
     まぁ仲魔が全員女性キャラの時点で、すでにあざとさんですが。
     とは言えコレもまだ脳内設定……もう一人だけキャラのモデルにする精霊が決まっていますが、別に他は男でもいいのか。

     仲魔を残して異世界に行ってしまうのは、最初は単純にキキさんを一人にするためだけの設定だったのですが、ある時点から「マスター=ゲームのプレイヤー」という気もしてきました。
     レベル上げをして、ゲームもクリアして。で別のゲームをする。
     じゃぁ残されたゲーム内のキャラはどうしているのか。
     意外と。
     RPGのゲームキャラは、プレイヤーが見ていないところでアルバイトなんてしているのかもしれません。

     ルサ先輩の話に関しては、四話分つかって行って帰ってくるところまでやります。

     さて次は仲直り。
     まぁ大人の仲直りの仕方といえば。
     アレですよね、アレ。
    2016年04月07日 06:45