小説『キキさんのアルバイト』第四話第二章:墓参り

 心を折られ続けていたハクが、自分一人の力ではなく、クークラやキキさんの協力を得て精神的な独り立ちをする。書きたかったテーマの一つではあるのですが、上手く表現できたのかどうかは自分でもよくわかりません。
 言い訳になりますが、今回は時間的精神的余裕が不足し、結月ゆかり嬢の音声データを付けられませんでした。
 そのうち、あとづけするかもしれませんが……。また、一応読み上げによる推敲は行っているので、誤字脱字などはないとは思いますが、ちょっと不完全燃焼気味の文章になってしまっています。楽しみにして頂いた方には申し訳ありません。

 さて。

 あとは話し全体のエンディングに向かっていきます。



01.
 ある秋の夜長。
 キキさんの姿が、BAR.ブレイブハートのカウンターにあった。
 先ほどまでは店内も賑わっていたのだが、パタパタと客が帰り始め、今、店内はキキさんだけである。
 ソファ席を片付けたマスターが、カウンターに戻ってきた。
 その姿はどう見ても人間なのだが、しかしスヴェシと違い年をとって老けることがない。
 何らかの呪いでも掛けられているのか。それとも精霊に取り憑かれているのか。
 そのあたりを聞くのは、社会通念上失礼に当たる。
 キキさんは特に気にせず、今でもブレイブハートに通っていた。
 
「久しぶりだな、キキさん」
 マンツーマンになった客であるキキさんに、マスターは笑いかけた。
「最近は、砦跡のハクさんと宅飲みすることも増えまして」
「それは良い。あの娘は外で知り合いを作ることも出来ない立場だから。交流を増やすのはいい事だ」
「ブレイブハートの客は減りますけど?」
「うちは何もキキさん一人で持っているわけじゃないさ」

 キキさんの注文したカクテルを差し出しながら、マスターは聞いてきた。
「あの娘、国教会に酒は禁止されていたと思うが……。どんなのが好きなんだ?」
「ライ麦の蒸留酒を好みますね。だいたいロックで飲ってます。私が最初に飲ませたのが「望楼」だったせいもあるかもしれませんが」
「ああ、ミティシェーリが好んだ……よく手に入ったな。今じゃ作られていないだろう」
 さすがに、酒の銘柄には詳しい。
「それに、氷の種族は押しなべて強い酒が好きだからな。よく飲むだろ」
「あのペースには付き合えませんね……それにしてもマスター、氷の種族の酒のことなんてよく知ってますね」
「まぁ、昔は色々あったからな」
「……? 戦争に参加されたんですか?」
「……ああ」
「……マスターは……」
 キキさんは、ちょっと興味の出たことを聞いてみた。
「魔王ミティシェーリを見たことがありますか?」
「……あるよ。あれは美しい女性だった」
 マスターは、戦時中のことを語るのを、それほど忌避していないようだった。
「彼女本人は特に戦闘能力があったわけではなかった。いや吹雪を操るから、一般的な人間から見れば脅威ではあるが、それでも戦場で一対一で向き合っても特に怖い存在ではない。だが……」
「だが?」
「彼女が前線に出てくると、氷の種族たちが沸き立つんだ。彼女を守ろう、あるいは彼女が見ていてくれると思うだけで、心が奮い立つんだろうな。見た目の美しさもそうだが、立居振舞いが格好良くて、とにかく意志が強かった。あれはまさにアイドルとかカリスマと呼ばれる存在だったな」
「娘のハクとは違いますね」
「そりゃ、そうだろう。カリスマ性なんて受け継がれるものでもない。いやそれ以前に、あの娘は戦後からずっと幽閉されているんだ。カリスマ性どころか、社交性すら育たんだろう」
「ハクと会ったことが?」
「ああ、一度だけ、会話をしたことがある。オレにも考えがあって、ちょっとしたものを渡した……それはそれとして、キキさん」
「なんでしょう?」
「最近、国教会からの支払いはどうだ? 滞ってたりはしないか?」
「いえ、今のところそれは一度もないです。この間、布を買いに行った仕立て屋の店主さんに聞いたのですが、むしろ最近は喜捨以外にもお金をかき集めていて、羽振りがいいとか」
「ふむ。だが、その店主はそれを快く言っていたわけではないだろう?」
「そうですね、むしろ批判的でした」
「最近なにかキナ臭い感じがする。国教会に限らず、国家運営の根幹に関わる者たちが、どうも私利私欲に走ってタガを外してしまっているような」
 マスターはため息を付いた。
「キキさんの仕事に関わる事で何かあったら、遠慮なく言ってくれ。紹介した以上こちらも気になるし、場合によっては話を通すことも出来る」
「あてにしておりますわ」
 本当に、この人は国教会の何なのだろう?
 キキさんは、ライ麦酒をグレープフルーツとクランベリーのジュースで割ったピンクのカクテルに口をつけながら考えた。
 答えは出なかった。


02.
 ブレイブハートで飲んでからしばらく後。
 その時に購入した酒瓶を手に、今度はハクの部屋で飲んでいた。
 その日、キキさんがアルバイトを考えたきっかけを聞かれ、ブレイブハートのマスターの事を話し、先日の会話も話題になった。
 その流れでキキさんは、ハクに今まで会った人のことを聞いた。
 ハクは、その生涯で会ったことのある人の数を指折り数えて、氷の種族の仲間たちを除けば、本当に数える程度ですねと自虐的に笑った。
 母であるミティシェーリやその護衛官だったゲーエルーはともかく。
 著名な氷の種族としては、アニメート使い……戦史書では死霊使いとして語られているヴァーディマや、シャドウサーバントの使い手であるチェーニが居る。
 しかし、ヴァーディマは戦争が始まってからは近寄りがたくなっていき、チェーニはもともと別のグループの参謀格で、この砦に立てこもってから初めて会った。
 あまり話は出来なかったと、ハクは言った。
 母亡き後は、まず下の大地の軍隊の人たちに連行された。
 その時にあった人たちは皆、敵愾心がむき出しで、恐ろしいという心すら麻痺し、何も考えられずにただ怒鳴られていた記憶がある。
 その後、自分の知らないところで勇者が私を殺さないよう発言したらしく、ある日を境に境遇が一変した。
 軍隊から私を引き取った国教会の人間達は、それまでに比べれば丁寧に対応してくれた。
 しかし、終戦直後は絶望の中で慌ただしく過ぎたので、実際の所、会った人たちのことはあまりよく覚えていない。
 その後、砦跡に幽閉されてからは、それこそ数えるほどしか人と会わなかった。
 基本的には、担当主教。それのみ。
 最初の頃は、クークラも話すことが出来なかった。でも、何か危なっかしい動きをしていたので目を離せなかった。
 クークラが今の人形に入って会話をできるようになったのは、二代目の担当主教の時。おおらかな性格の人で、クークラのためにもっと良い人形が欲しいと頼み込んだ。
 まさかあんなに精巧で高級な人形を贈られるとは思わなかった。
 とは言え、そのお陰でクークラと話せるようになり、自分の精神もこの頃から随分と安定したように思う。
 ああそれから、とハクは言った。
「言い忘れていましたが、勇者様とも、この砦に幽閉された直後に一度会ったことがあります」
「それって、クークラを渡されたとき?」
「はい。事前に、人形を作っておくようにと国教会の人から言われていて。勇者様は、水晶の中で眠ったようになっているクークラを、その人形に乗り移らせて目覚めさせました」
「どんな感じだったの?」
「実は、母が討たれた時にも眼にしていたのですが。ゲーエルーさんが言うクマのような人、というのが見た目の印象でした。でも、話してみたら全然ちがって、落ち着きのある優しい感じの人でした」
 ハクは、基本的に勇者には様付けをして呼ぶ。
 それは国教会からの指示でもあるのだろうが、この時の経験もそうさせているのだろうか。
「だから、キキさんが初めてここに来た時……あの面接の日は、本当に緊張していたんですよ。久しぶりに知らない人と話す事になって」
 ハクは笑いながら言う。
 あの日のハクが緊張していたのはよくわかった。あまり目を合わせようとしなかったし、ちょっとしたアクシデントでもすごく焦っていた。
 それにしても、とキキさんは思った。
 Barのマスターに当たりそうな人が、話の中で出てこなかった。終戦直後のドサクサで出会った軍人の一人だったのだろうか。
「あ、そうだキキさん」
「ん? なに?」
「今度の休み……ちょっと付き合ってほしいことがあるんですけど……」
「いいわ。明日からのシフトが終わったらで良いなら……なに?」
「えーと……」
 ハクは少し考えてから言った。
「墓参り……かな?」


03.
 シフト三日目が終わり、普段ならば館に帰るキキさんだが、この時は砦跡に待機していた。
 ハクは、ちょっと用があると言って、工房に入っていった。
 キキさんは、墓参りとのことであらかじめ持ち込んでいた黒いスーツを着込み、供えるための酒瓶を手にしていた。
 クークラにも黒い服を着せた。
 これは以前、キキさんが趣味で仕立てたものだ。
 クークラの人形の身体を採寸して作った服はまだ何着もある。
 すっかり墓参りの格好をした二人が、三角屋根の工房の前で待っていると、ハクがいつもと変わらない服装で出てきた。
 手には、氷結晶受領の時にしか使わない、金属製の箱を持っていた。
 ハクは、二人が着替えているのを不思議そうに眺めていた。
 氷の種族には、喪服という観念が無いようだった。
「わたしも、氷の種族の先祖供養の作法は知らないのだけど、どうするの?」
「私もよくわかっていません。北の台地に居た頃の記憶もほとんど無いですし……」
「そもそも……墓参りって何?」
 クークラの言葉に、ハクは寂しそうに笑いながら言った。
「こんな感じですし。それに母や仲間たちの墓もここにはありません」
「そうね……」
「でも、この砦跡は、ある意味で墓標と言えると思います」
 すでに日没近く。
 紫に変わりゆく夕日が、廃墟となっている砦跡全体を昏く映し出している。
 それは、かつての激戦の跡でもあった。
「何年か前に母の魂がとどまっていると二人に聞いて、ずっと考えていたんです。母に感謝を表したいって。墓参りの作法はわからないけど、それを知っていても、ここではあまり意味を成さないんじゃないかって」
 確かに、普通の環境ではない。
「だから私なりに、母や、その仲間たちに思いを馳せることを以って、砦跡での墓参りにしたいと思います」

 ハクは、そう言いながら、手に持っていた箱の蓋を開けた。
 凄まじい冷気が流れ出す。
 ハクを中心に、下生えの草に白い霜が降り、登り始めた月の光を浴びてキラキラと輝いた。
 ハクは、氷の種族の能力でその冷気をコントロールして、箱のなかに押し留めた。
 そして、箱の中身の氷結晶を取り出すと、調度よい大きさの石を見つけ、その上に置いた。
 月光に照らされたその氷結晶は、キキさんがかつて見たことのあるものの中でも、最も繊細で、最も美しかった。
「あれ以来、工房に篭もる頻度を上げて、余計に手間を掛けて創った特別製の氷結晶です」
 自分が創ったものとしても最高傑作と言っていいものに仕上がりました。
 と、ハクは少し誇らしげに言った。
「これを創れるほどになったということを、母に報告したいんです」
「それがお墓参り?」
「ここでは。それがお墓参りです」
「うん……」
 ミティシェーリの魂が、ハクの周りに集まってくる。キキさんとクークラはそれを感じ取っていた。
「なるほどね、確かにこれは……」
 お墓参りだわ、とキキさんは思った。


04.
 ハクはミティシェーリの魂を感じ取ることは出来ないはずだ。
 しかし、そう考えていたクークラの目の前で、ハクはまるでその魂が集まってくるのが分かっているかのように、宙に向かって話しだした。


 お母さん。
 今まで心配をかけてごめんなさい。
 でも。
 もう大丈夫です。
 今の私は、一人ではなく、自分の子であるクークラと、助けてくれる友人に恵まれました。
 ここには居ないけど、お母さんをずっと守ってくれたゲーエルーさんも元気です。

 お母さんに教えてもらった氷結晶創りも。
 私なりに技術を高めて、ここまで昇華することが出来ました。

 まだまだ至らないところも多いけど。
 でも昔みたいに。
 泣いているだけ、我慢しているだけの。
 そんな私ではなくなりました。

 見守っていてくれてありがとう。
 それを知った時、本当に嬉しかった。
 ありがとう。
 それを伝えたかった。

 お母さん。

 ありがとう。

 本当に。ありがとう。


 宙に向かって話すハクを、クークラはなぜか嬉しく思った。
 その想いを共有したくなり、振り返ってキキさんを見る。

 キキさんは、ハンカチで眼を抑えていた。

 クークラはびっくりして、なぜか見てはいけないような気がし、慌ててハクに目線を戻した。
 キキさんが「ハクは強くなった……」と独りごちる声が聞こえた。

 ハクがひとしきり感謝の言葉を述べ終わり、二人の方に振り向いた。
 月の明かりに照らされて微笑むハクは美しく、彼女の子であることを、クークラは誇らしく思った。
 
 恐る恐るキキさんの方を見てみると、その顔には涙の跡など微塵も残っておらず、むしろ普段よりもキリっとした表情をしていた。
 クークラは、なぜだか少しホッとした。
 キキさんは、それでこそキキさんだと思った。

 ハクは箱に氷結晶を戻した。
 蓋を閉めると、クークラがハクに話しかけた。
「この氷結晶も提出しちゃうの?」
「これを創っていたことはスヴェシさんも知っているし、氷結晶は完全に管理されている以上、当然、これも提出します。まぁ墓参りのために創っていたとは思ってもいないでしょうけど」
「せっかくの記念の品なのに……」
 国教会もスヴェシも嫌いなクークラは、不満を隠さなかった。
「墓参りは、モノが重要なんじゃなくて、自分が故人に何を伝えたかったのかが重要なのよ、多分。だから、これ自体にそんなに拘る必要はないの」
「それでも……墓参りのために心を込めて創ったものなのでしょう? 作品としても、以前のものにもまして美しいのに……」
 キキさんがクークラの肩に手をおいて言った。
「キキさん。これからも氷結晶は創れますし、多分、これ以上のものも、そのうちモノにする事が出来ると思います」
 ハクは自信を持って、そう答えた。
「だから、惜しくはないんです」

 ……
 …………

 翌日。
 キキさんが館に帰った後。
 ハクと二人きりになったクークラは言った。
「墓参りの時……」
「うん?」
「ボク、いつもよりもはっきりとミティシェーリの魂を認識できたんだ」
「お母さん、喜んでくれてたのかな?」
「多分。……それで……」
 クークラは少しだけ言いよどんだ。
「……同じような機会があれば、ボクはミティシェーリの魂を選別して、モノに宿らせることが出来る……と、思う」
「それって……」
「生前のハクのお母さんが復活するってわけじゃないけど。でも……多分これはキキさんにも出来ない」
 ハクは、ギュッとクークラを抱きしめた。
「ハクはどうしたい?」
「お母さんには会いたい。けど……」
 ハクはクークラの額に自分の額を当てて言った。
「けど……それはしてはいけないことだと思う」
「なんで?」
「生と死には、きっと犯してはいけない境界があるの」
「それって……寂しくないの?」
「寂しいよ。でも、それに……親しい人との別れに囚われてしまっては、生き物は前に進めない」
 ハクはクークラの眼を見る。
「私は……そう、まだまだ先の話だけど、私は貴方より先に死にます」
「……そんな……」
「いい、クークラ。その時、貴方は、その悲しみを克服することで前に進みなさい。そうした後、たまに思い出してくれれば、私はそれで十分に満足すると思う」
 ハクの言葉を聞き、クークラが黙ってしがみついて来た。
「皆が皆、同じ考えではないと思うけど。でもクークラ。私はそう考えているの」
 ハクは、クークラの身体を、しっかりと抱きとめた。

この記事へのコメント

  • yuki

    第四話第二章UPお疲れ様です。
    今回は音声無し・・・あれだけ長い小説を書いていれば、そりゃ時間も無くなりますよね。w
    動画まで作ってるし・・・アングルが変わるとまた印象が・・・
    色々際どいアングルも有りましたが。それはさておき。

    今回のお話。ハクは本当に強くなったと思います。
    最高傑作とも言える氷結晶を、惜しくないと言いきった事。
    クークラの提案を、はっきりと「してはいけない」と言った事。
    以前のハクなら、迷いが生じたんじゃないかな、と思います。
    それより。
    さらっと、ハクがミティシェーリの魂の話を聞いてから、数年経っている事に驚きなんですが・・・。;
    氷結晶の製作って、そんなに時間が掛かるものなの・・・?
    確かに、「氷結晶受領」は年に1回だし。
    失敗作もあるかもしれないし、デザインやら、試作やら・・・
    試行錯誤していたら数年位経つのかもしれないけれど。

    そして、遂に?動きを見せ始めた国教会。
    第二話エブリスタ投稿時、ゲーエルー氏の台詞に、
    「奴らの金集めはそれだけでは無いが」
    と追記されていたので、気になっていたんですよね。
    後々の伏線なのかな、と。さて、どうなる事やら。

    話は変わって、キキさん。
    「バーのバスター=勇者」だとは微塵も思ってない様子。
    クマのような見た目とか、ちょっとしたものを渡したとか。
    気付けそうな部分はあるのだけれど・・・。
    とはいえ、展開やら伏線やらを探している読者目線と違って。
    本人達の立場では、まさかそうとは思うまい。
    マスターには、自分が勇者だと隠す気は無さそうだけど、わざわざ言う気は全く無さそうですし。
    きっと、知った時は驚くだろうけど、色々納得するんだろうなぁ。

    今回の話はちょっと不完全燃焼気味との事ですが。
    主にクークラが、かな?
    一人納得がいかないまま、迷いがあるまま終わっている感じ。
    でも、簡単に納得出来るものでもないと思います。
    これはこれ、って事で。

    後はエンディングに向かうのみ。楽しみにしています。
    2016年05月05日 12:12
  • ロキ

    >>yukiさん

    コメント……というか、書評をいただき、いつもありがとうございます。書き手としては本当に贅沢な環境だと思います。

    結月ゆかり嬢の音声に関しては、基本的に読み上げてもらって文章推敲の仕上げとか誤字脱字のチェックをしているのですが、しかしイントネーションを直しながらだとやっぱりちょっと余計な時間がかかってしまいます。

    また、文章と音声を両立させると、文章で手直ししたいと思ったところをいじれなくなってしまったり……。

    今作では最後まで朗読データを付けようと思っていますが、次回からは、特に後者の理由から、どうしようか悩み中です。

    それはともかく。

    氷結晶は、多くても年に数個くらいしか作れないという脳内設定でした。

    ミティシェーリは量産していましたが、日常生活のアイテムと、超高価な芸術品との差ということで……。

    ちなみに、氷結晶のパクリ元はモンハン……ではなくロマサガ3の「永久結晶」。
    「ゆきだるま(パーティキャラ)を雪の街の外に連れていけるようにするためのアイテム。

    四魔貴族の炎帝アウナスというボス戦で、ゆきだるまだけが生き残った状態になると、この永久結晶を砕いてアウナスを倒すも、ゆきだるまは溶け去ってしまうというイベントも……。

    まんま、氷の種属と氷結晶の関係としてパクらせてもらっています。いや、ストーリー中でハクが溶けることはありませんが。

    作り方として考えているのは、基本は「酒を呑む時に冷気を集めて氷を作る」のと同じ方法。
    アレをひたすら根を詰めて、冷気を圧縮していって創っている……んじゃないかなぁと思っています。

    初めてキキさんが造りかけの氷結晶を見た時、あそこに未提出の氷結晶があったのだから、あれを伏線に出来ていればと、ちょっと後悔しています。

    バーのマスター = 勇者は、さすがにキキさんの想像の外というか、マスターが実は自分が勇者ですと言っても、キキさんはそれを冗談と笑い飛ばすでしょう。
    「またまた。マスターったら。そんなこと国教会の人間に聞かれたら怒られますよ」

    勇者=マスターという設定は、ドラクエで言うところの「いいえ→そんな、ひどい……」クラスの強制力で、キキさんは気がつくことが出来ない設定だったりします。

    ただ。

    勇者を実際に見たことがある氷の種族が、この世に少なくとも二人……。

    今回、不完全燃焼だったのは、文章を書く時間をちゃんと取れなかったことですね。いや、長い時間をかければ良い文章が書けるというわけでもない(自分の場合は、むしろチャッチャと書いたほうが短くまとまっていい場合も多い……)のですが。

    クークラは、色々と出来ることが増えてきたのに、周りから子供扱いされて、なんかモンモンとしているお年ごろです。

    作中ではかなりの時間が経ちましたが、彼女たちにとっては人間で言うところの2~3年くらいの感覚。
    クークラもついに思春期に入ってきたかな……? という感じでしょうか。

    これは続きのエンディングでもそうで。

    クークラが思春期特有の悩みから抜け出すのは。
    エンディング後に書こうと思っている「閑話休題乱れ打ち」の一つになると思います。
    2016年05月05日 18:43