小説『キキさんのアルバイト』第四話第三章:ある春の日

遅刻……。落とした!
音声データを作り……寝落ち……目を覚ますと、時間は0時19分だった。
と……とにかく。文章をアップします。

追記:音声データもアップしました。




◇ キキさんのアルバイト 第四話 ◇
第三章:ある春の一日



01.
 夏への衣替えなどを終えた晩春のとある日。
 季節の変わり目の慌ただしさから開放され、砦跡には虚脱感にも似た雰囲気が漂っていた。
 その日。
 キキさんは、日課である掃除をしていた。
 普段は掃除と別の仕事を平行して行うのだが、一仕事終えた後である。今日は他にやることがない。
 参謀本部の二階に並ぶ小部屋を、手際よく一つづつ片付けていく。
 もう三十年近く……キキさんの時間感覚を人間の意識に直しても三年くらいはずっとここで仕事をしてきた。勝手知ったるとはこのことで、丁寧にやっても午前中に終わってしまいそうだ。
 そうだ。と、キキさんは思い立った。
 今日はヒカリムシの捕獲もしておきましょうか。
 二階の部屋の掃除の後は、野良着に着替えて森の中からヒカリムシを採取してこよう。灯台の光量はさほど落ちていないが、今年はまだスヴェシが来ていない。
 訪問の前に換えておいても良いだろう。
 
 その頃。
 クークラは別の部屋で、アニメートのテストを兼ねた掃除をしていた。
 部屋一面に、小さな人形がいっぱい歩きまわり、玩具のような掃除道具を手にチョコマカと仕事をしている。
 人形は、キキさんがプライベートで作ったものも幾つかあるが、多くはクークラとハクの手によるものだ。
 キキさんが作り方を教えてくれた。
 作り手によって作風が違い、それがさらに動きの違いにもなっている。
 キキさんの人形は、グループを作って一定の範囲を協力して綺麗にしている。他の人形への指示も出しているようだ。
 クークラが作ったものは、箒を水に浸したり、雑巾でゴミを掃き取ろうとしたりするなど、実験的なやり方を試しては失敗し、また別のやり方を模索することが多い。
 ハクの作った人形は、基本的には真面目にやっているのだが、ある程度の時間が過ぎると休んでしまう。あまり掃除が好きではないのがわかる。
 クークラは、メモを取りながらそれらを観察していた。
 それにしても。
 やはり自分は、アニメートで動くものが好きらしい。この小さな子たちの動きを見ているだけで、なにやら嬉しくなってくる。
 自分が、アニメートで動くものや、自然発生的に生まれる付喪神と同質の生き物であることは実感として持っている。
 ならば術を極めれば、自分と同じくらい高性能な存在も、アニメートで創りだせるようになるのではないだろうか。
 命令と反応で動くだけではない、意思を持つような存在を創ることが、いつしかクークラの遠い目標となっていた。
 もしも完成したら。
 それはおそらく自分にとって、ハクにおける自分のような存在となることだろう。

 その夜。
 キキさんがクークラの協力を頼んで、参謀本部内全部のヒカリムシの入れ替えを終えた。
 ハクが工房からフラフラになって戻って来て、室内が明るくなっているとビックリしていた。
 リビングとして設定してある一階の一部屋に三人が集まる。
 お腹がすいたと言うハクのため、クークラは外にある冷温倉庫へと走った。
 そこは崩れ落ちた尖塔を利用した小さく不格好な蔵で、崩れないように補強し、隙間を埋め、内部には棚を設置してある。
 蔵の中央には、作成に失敗したという氷結晶が据えられており、内部は常に冷温に保たれていた。
 キキさんの書いたメモを見ながら、クークラは肉とタマネギ、人参、キャベツ、そして真っ赤な丸い根菜であるビーツを手にとった。
 食材を入れた手提げの籠を持つクークラが、月明かりの下、灰色で四角くなんの飾り気もない参謀本部へと戻って行った。


02.
 クークラの持ってきた食材を使い、キキさんは陶器製の小さな鍋を使ってボルシチを作った。
 本来ならば竈に火を入れるのだが、今日はヒカリムシの採取を張り切りすぎて疲れたので……と、言い訳をしながら、魔術で熾した火を使っていた。
 普通の炎ではない。闇のような真っ黒い炎だった。
 キキさんに出された紅いスープと、丸いフカフカの小さな揚げパンを、ハクは美味しそうに頬張った。
 身体を持たない生物であるクークラは、この食事を取るという感覚がよくわかっていない。ハクの表情を見るに、楽しく幸せなことなのだとは思うのだが、人形の身体は食物を食べられるようにはできていなかった。
 もしも生物に乗り移ったら、何か新しい体験が出来るのだろうか。
 七割方まで食べて、ハクもやっと一息ついたらしく、三人の会話が始まった。
「今年は、まだスヴェシさんが来ないんです。どうしたんだろう」
「いいよ、スヴェシなんて来なくても」
「そういう問題では無いと思いますわ、クークラさん。しかしまぁ、準備は出来ておりますし、案じていても仕方のないことではありますね」
「確かに。でも出来れば早く終わらせたいんですよね。この待っている間が一番イヤというか……」
「気持ちはわかるよ。あれだよね、ボクが何かイタズラをして、証拠は隠したけど見つからないかどうかドキドキしている期間みたいな……」
 クークラの言葉に、大人二人は顔を見合わせた。
 違わないのだろうが、肯定していいものなのだろうか?
「……あ、いや、今は何もしていないよ。本当に。……そうだ、音楽をかけよっか」
 大人の沈黙にイヤなものを感じたクークラが、強引に話題を変えた。
「……まぁ……いいけど。ええと、私アレが聞きたいな。四月の曲」
「わかった。ちょっと待って」
 クークラは、小さな本棚から一冊の本を取り出した。それは何年か前にキキさんがクークラの誕生日……初めて現在の身体に乗り移った日を記念してプレゼントしてくれた楽譜集の一冊だった。
 クークラは、ガレキの中から見つけた小さなラッパを木製の書見台に括りつけた装置に、その楽譜集を置いた。
 楽譜集には「四季」とタイトルが打たれており、季節の移り変わりがモチーフとなっている十二曲のピアノ用の楽譜が収録されていた。
 曲のはじめにはそれぞれ詩が挟まれる。
 四月の詩は、雪割草という題名だった。

 クークラが装置にアニメートの術をかけると、楽譜集は勝手にページをめくり、ラッパから雪割草の詩が流れ出した。
 

明るい光が積もった雪を通してかすかに光り
こんなに青く清らかな雪割草が輝いている
古い運命への涙の最後
そして幸福の夢への最初のあこがれ



 詩が終わると、楽譜に記された音楽が、ちょうどいい、心地良い音量で部屋を満たす。
 クークラは、切れてしまっている自分の耳を少しだけ触った。裂けて行かないように縫い合わせてはいるが、キキさんの服飾技術をもってしても、傷口がわからないように修復するのは不可能だった。
 だが、クークラはそれで良いと思っている。
 今でも、何かに迷った時には耳に触る。それでいろいろと落ち着くことが出来るのだ。

 ハクが食事を終えると、キキさんが
「もう夜も遅くなってきたので、おふたりともそろそろお休みください」
 と言った。
 風呂にはすでに冷水が張られており、ハクはそれに入った。
 人形の身体のクークラは風呂には入らないが、キキさんに服を脱がされて身体を拭かれた。

 二人がパジャマに着替えて寝室に入った後。
 キキさんはついでに作っておいたボルシチを温めなおして食べ、ハクが入った後で凍りつく寸前になっていた冷水を、ブラックファイアの術で温めなおして浸かった。
 そして歯を磨いた後は、自室に戻り、軽く読書をして眠りについた。


03.
 早朝。
 クークラがグラウンドへ出ると、黒いタンクトップにズボンという出で立ちのキキさんが、すでに型の練習をしていた。
 クークラはしばらくそれを見ていた。その動きの美しさは、自分の腕が上がれば上がるほど分かってくる。
 クークラも鎧に「着替え」て、手合わせを願った。
 結果は、キキさんの猛攻の前に粘りながらも捌ききれず、負けた。
 キキさんは、やはり自分しか練習相手が居ないのは良くない、伸び悩んでしまっている。本当はいろいろな相手といろいろな状況を想定して練習するのが良いのだが、と、少し息を切らしながら言った。

 早朝の余暇の時間が終わり、キキさんが自室に戻ってスポーツウェアから仕事用のメイド服に着替えると、砦跡にノックの音が響き渡った。
 スヴェシだろう。
 やっと来たか。
 キキさんが一階へ降りて、恭しい態度で鉄のドアを開けると、しかしそこにスヴェシは居なかった。
 ノッカーを打ち鳴らしていたのはゲーエルーだった。
 キキさんは肩透かしを食らった気になったが、お客であることには変わりない。
 もてなすのが自分の仕事である……と、思った瞬間。
 ゲーエルーは笑顔を見せていきなり抱きついてきた。
「な……! ちょっt!!」
「ついに……ついに時がきたぞ別嬪さん!!」
 自分の身体を持ち上げて回転するゲーエルーの顎を、とりあえず掌底で打ち抜くが、ゲーエルーは効いた素振りも見せずに今度は両手を掴んで振り回す。
 ただ、とにかく嬉しそうなのは確かだった。
 何事かという顔で、クークラと、寝起きのハクがやって来たが、ゲーエルーが今度はハクに抱きつきそうな気配を見せたので、キキさんは後ろから羽交い締めにして止めた。
 ハクもその気配を感じたのか、ちょっと距離をおいた。
「な……何があったんです? ゲーエルーさん?」
 ハクが怯えた感じで聞いた。
「ああ……すまんすまん。興奮のあまり、つい、な」
「とにかく、落ち着いて話そうよ。リビングが良いんじゃない? ボク、とりあえず水を持ってくるよ」
 クークラが走って行くと、女性二人が少し警戒しながらゲーエルーを居間へと導いた。
「いや。すまん」
 笑いながらゲーエルーが言った。
「本当に……何があったんです? 陽気なのは知っていましたが、こんなに興奮しているのを見たのはわたくしも初めてです」
 居間への道すがら、ゲーエルーの隣を歩きながら、キキさんは聞いた。
「うむ。まぁクークラが戻ってきたら話すよ」
 とだけ答える。
「いやしかし、もっと細っこいのかと思っていたが、意外と柔らかいな別嬪さん」
 キキさんはゲーエルーの向こう脛を蹴ったが、ゲーエルーは平気な顔をしていた。
 鉄の塊のような足だった。


04.
 国が倒れた。
 
 クークラが持ってきたコップと水差しのうち、水差しを手に一気に飲み干してしまったゲーエルーが言った言葉がそれだった。
 さすがにキキさんもハクも混乱した。
「……いえ、わたくしも最果ての森と迷いの森を行き来している生活ですから、さほど世情に明るいわけではありません。それでも確かにここ何年かキナ臭い感じはありましたが……。え? 国が……倒れたと言われました?」
「おうよ。三日前にクーデターがあってな」
 ゲーエルーは、コップの方の水も飲み干してから言葉を続ける。
「とにかく、オレの知っていることを話す。全員よく聞け」
 三日前。
 国教会の中央機関である総主教府が、軍の中核であり王都と第二都市のグロードに駐留している第一、第二師団と共に武装蜂起した。
 大義名分は、政府上層部の汚職と、神と、神の遣わした勇者への、目に余る不信心。
 堕落。腐敗。
 それらの一掃のため、我々は立ち上がると、彼らは言った。
 国教会の指摘する政治家たちの汚職問題のため機能不全気味だった政府は、これを抑えることが出来ずに一瞬で占拠され、中央政府は軍事的に掌握された。
 象徴的存在とされ、政治とは一線を画していた王族も、その殆どが拘束されているようだ。
 総主教府は、自分たちが動けばすべての地方主教区も追随すると考えていたようだが、しかし殆どの主教区がこれに反発。さらに地方の方面部隊も大部分が静観を決め込んだ。
 一、二師団はよほど政治腐敗に対して不満をつのらせていたようで、意思統一に失敗した国教会を尻目に、クーデターは現在、軍部主導で進んでいる。
 成功するにしろ、失敗に終わるにしろ、もう止まるつもりはなさそうだ。
 その状況の中で、王都を脱出した政府残党が一部の地方軍と合流して、クーデターを糾弾。
 現状では地方軍も各主教区も統一が取れていないため、クーデター勢力を引き摺り下ろせるような勢力は存在しないが、しかし旗頭になり得る皇太子が今もって行方不明。クーデター勢力が捉えそこなったと噂されている。
 さらにだ。
 これまでは住処である山河の自治に徹して、開発の手には抗戦するものの、政治的には中立だった「森に住む者達」が、地方勢力としては最も大きなオブラスト地域の方面軍に加勢することを表明した。
 おそらくは、次の時代に山河の完全な独立を勝ち取るための布石だろう。
 今まで森に住む者たちを率いていたリーダーは、カリスマ性はあったがもっと場当たり的な対応をする奴だったらしいから、この戦略は解せないといえば解せない。内部で何かあったのかもしれん。
 それはともかく。
 始まってから、たった三日でこの状況だ。
 師団側の計画が練りあげられていたのが大きいが、そもそもそんな準備を、しかも師団二つで。
 気付かれもせずによくやったものだ。
 政府の無能と怠慢、そして軍の不満。もともとあった火種が、一気に燃え上がった感じか。
 現在のところ、クーデター勢力が圧倒的に優勢だが、地方勢力の離散集合によってはどうなるか先が読めん。
 だが。
 一つだけ、確実なことがある。
「それってつまり……」
 クークラが首を傾げながら聞いた。
「国と国教会。ハクをこの砦に縛り付けている存在が壊れちゃったってこと?」
 ゲーエルーが膝を打った。
「その……」
「その通りだ!」
 しかし、最後まで言い切ったのは彼ではなかった。
 声は部屋の外から聞こえた。
 全員の眼が集中したリビングのドアが開けられる。
 そこには、七十になった老年のスヴェシが。
 血まみれの姿で立っていた。

この記事へのコメント

  • yuki

    突如現れたスヴェシ。いや、スヴェっさんか?!
    続きが気になる!

    っと・・・第四話第三章UPお疲れ様です。
    いや、その前に。

    何記事落としてるんですか!
    しかも寝落ち!!
    19分の遅刻だろうと、1分の遅刻だろうと・・・遅刻は遅刻なんですよ!!!
    残す話も、今回を含めて2話・・・
    いや、閑話休題乱れ打ちも残ってるから・・・
    ん?乱れ打ちって事は、複数話あるのか??

    と、とにかく。
    決めた事を完璧にやり遂げた場合と、傷が付いた場合と。
    後に残るものには、大きな差が出ると思うのですよ。
    (・・・人に言えた立場じゃないですが・・・。)

    まぁこの事はこれくらいにして。
    「森に住む者達」のカリスマ性のあるリーダーというのは・・・ルサ姐の事ですよね。
    現在のリーダーは・・・ベレギーニャでしょうか。
    「袂を分かつ」とあったので、後に何かあるのかと思っていたのですが。
    そして血まみれで現れたスヴェシ。
    地方主教である彼は静観してる側のハズ・・・
    既に国教会関係全員、追われる状況に・・・?

    ラストスパート、頑張って下さい!
    2016年05月14日 21:53
  • ロキ

    >>yukiさん

    おお、まさかyukiさんに値落ちを怒られる日が来るとは……などという戯言はともかく。

    いや実は。
    落としたのは今回が初めてではなく。
    どの話か忘れたけれど、水曜日の午前4時位まで寝落ちていた事があります。
    その時は……投稿時間をいじって火曜日の11時59分に投稿したことにしたという……。

    まぁそれはともかく。

    森に住む者達の動向に関しては、番外編その3をアップしました。
    番外編その3を挿入するのは、この第四話三章の後が一番いいタイミングだと思うのですが、第四章と、番外編その4と、エンディングの位置をどうしようかと思っています。

    さて。
    スヴェシが血まみれですが。
    地方の全ての宗教区がクーデターに反抗したかというとそうではなく。
    幾つかの主教区は総主教府に同調しています。
    そして、それがゆえに地方軍と結びついた反クーデター主教区と抗争となっている地区も存在します。

    そんな、総主教府に同調して攻められた主教区の一つがスヴェシが統べる迷いの森地区(この主教区、ちゃんと名前を付けておけばよかった)です。

    スヴェシが総主教府に同調したその理由は……。
    第四話第四章をお楽しみに!(いやまぁ、スヴェっさんの事だから、理由自体は想像つくでしょうが)
    2016年05月15日 21:18