◇ キキさんのアルバイト 番外編 往きて還りしルサの物語 ◇ その三:山河の義勇軍

 キキさんのアルバイト番外編。
 ルサ姐様が梁山泊のリーダーになって活躍する話のダイジェスト。
 ロマサガ1のフロンティアでは、辺境の開拓村と接したダンジョンとして、モンスター、ヴァンパイア。そしてジュエルビーストなど単純な敵役として描かれていましたが、彼らだって自分の居場所を守りたいという想いがあったのではないでしょうか……いや、あのゲーム、油断をすると人間たちのフロンティアの方が壊滅してしまいますが。
 そんな感じの番外編第三話です。




 街に住む人間たちに聖域として崇められるようになり、森を侵略する脅威は消え去った。
 森に住む者たちは団結して植林を行い、森はゆっくりと戦争のダメージを回復していった。

 しかし、森の再生には、破壊にかかった時間の百倍もの年月が必要となる。

 森がその力を蓄え直す間、ルサたちのもとには様々なモノが訪れた。

 氷の種族を追い払い、意気を上げる人間たちは、国中のいたるところでその生息域を広げつつあった。
 山河を拓き、そこに住む者たちを追い払いながら、フロンティアと呼ばれる開拓前線を形成した。
 
 人間たちのフロンティアと接する山河の住民たちは、森を守り抜き、ついには侵攻を完全に押し返したルサたちに助力を願った。
 ルサは、来るものは拒まず、それぞれの山河の状況をよく聞いて、アドバイスをし、必要とあれば軍事的な指導者になる者たちを派遣した。
 時には、自分が他の山河に出向くこともあった。
 
 ルサ本人は深い戦略を立てていたわけではない。
 ただ頼られるとそれに応えようとする性格だったし、さらに傍若無人な人間たちへの怒りも、彼女の義憤を煽った。

 ルサは、長い眼で見て練らねばならない戦略を立てるのは苦手だったが、その場その場での戦闘に勝利するための戦術眼には優れていた。
 状況を読み取る能力、部下たちの力を測る能力、そして周囲の仲間の士気を上げるカリスマ性はずば抜けていた。
 だから。
 派遣する人材は厳選し、自分もまた前線に出る機会を増やした。
 開拓されている土地の者達の性格や、地勢、人間たちの規模。それらを調査し、的確に人材を派遣し、それらの前線を見て回った。
 
 先を考えずに人材を派遣し、適材適所の配置が出来なくなることもあった。
 それはルサの戦略面での弱点がでた。
 それでも、むしろ戦略を立てるのがうまい参謀のペレギーニャなどの助言、あるいは苦言もあって、ルサ自身もまた自分が決めるべき事柄と、人の意見を聞くべき時を誤らなくなっていった。

 もっとも、その直情径行は変わらなかったが。

 山河をめぐる攻防戦は、勝つ時もあったし負ける時もあった。

 勝てば、その山河にはさらに人員を派遣し、もはや人間に攻めさせないだけの防御を整える。
 負ければ、そこは完全に明け渡し、住んでいた者たちを森で受け入れ、別の山河の攻防戦に参加させたり、勝ち取った山河に新たに住まわせるなどして、再配置を行った。

 奪われた山河を攻めて取り返すことだけは厳禁とした。
 負けは負け。
 ルサはその点はあっさりとしていた。
 それは負けた森のモノたちの恨みを買うこともあったが、ルサは取り合わなかった。
 そもそも森に住む者達は人数が少ない。
 攻防戦も、その土地の地形を頼りに行わねば人間の数と軍事力には対抗できない。
 取り返すような余裕は無かったのだ。

 そのような事を繰り返すうち、ルサたちは幾多の戦闘経験を積むことになる。
 派遣する人員の軍事指導力も上がり、いわゆる歴戦の猛者たちが多く育っていった。

 そして。
 時が経つに連れて、戦後の勢いが、人間たちから失われていった。

 新たなフロンティアはやがて生まれなくなり、人間たちの領域と、森に住む者達の領域は、だんだんと固定化されていく。

 その頃には、森に住む者達は一つの勢力として人間たちに認識されるようになっていた。
 人間たちの政治には積極的に関わらないものの、山河を侵す場合には徹底的に抗戦してくる第三勢力。

 戦闘が絶えるようになり、人間たちとの関係は小康状態に入っていった。

 かつての戦闘で深手を負った森も、百年を過ぎてついに回復した頃。

 慌ただしい時期が、いつの間にか終わり。
 戦時指導者として有能だったルサの立場が、その価値を失い始める。

 時代が変わったが、まだ指導者は以前のまま。
 政治を考えなければいけなくなってきたのに、リーダーとして立つルサの本質は軍事の指揮官だった。

 見えないところで、様々な歪が生まれ始めていた。

 そのような時期に、人間たちの国が突如、大波乱を迎える。

 国の中心的な宗教である国教会が、若く狂信的な総主教のもとで、政府と王族の政治的腐敗、宗教的堕落を大義名分に、軍の中核であった第一、第二師団と共に決起。

 クーデターを起こし、一夜にして政府中枢を軍事的に占拠したのである。

 しかし、総主教府の思惑とは違い、各主教区にわけられる国教会勢力の多くはクーデターに反発。
 それぞれが独自の主張を持ち出し、完全に分裂してしまう。
 
 地方に置かれた軍隊もまた独自の動きを見せ、国は完全に内乱状態に陥った。

 クーデターは、分裂により力を失った国教会を置き去りにする形で第一、第二師団が強力に主導し、推し進めた。
 腐敗した政治家の処刑、王族たちの拘束も厭わず、必要に応じて国民にも剣を向けた。
 政治の腐敗を一掃するために行動した彼らは、例えクーデターが成功しようが失敗しようが、その最後まで走り切るつもりだった。

 この事態に、森に住む者達も無関心ではいられない。

 即時、各山河の有力者たちが集められ、今後の方針を定める会議が開かれるのだが。

 それはまた別の話。

この記事へのコメント

  • yuki

    今更ですが、こちらにもコメントを。

    愛着が湧いたとはいえ、森に住まう者達を先導して人間と戦った末、
    再生の為百倍もの年月の間、面倒を見続けるルサ姐・・・義侠心の強さが半端無いです。

    それはさておき。
    どうしても気になっていた事が一つ。

    「ベレギーニャ」さんが、「『ぺ』レギーニャ」さんになってます・・・。
    (気付いてたかなぁ?)

    ぷっふー!w
    2016年05月30日 01:12
  • ロキ

    >>yukiさん

    ルサ姐様は基本的に義侠の士ですね。
    性格が完全に姐御なんです。
    それにしても。
    ベレがやったのは、完全に政治的クーデター。
    いや、それもベレの長期を見通す眼による確信を持った行為ですが。

    しかしルサが普通の独裁者だったら激怒するでしょうし、毛沢東があれをやられたら、文革を企て紅衛兵を作り上げて国をめちゃくちゃにしてでも政権を取り返したりするような動きです。

    あっさり辞めたのは、ルサの性格でもありますが、自分はよそ者であるという意識もあったのかも……。

    ベレに関しては気づいていたというか……。
    実はベレが本当でペレが間違いだったりします。
    モトを直しておけばよかったのだけど。
    エブリスタ投稿時に直せばいいかと思って放置してしまっていました……。

    どうでもいいですが。
    思い出のゲーム「聖剣伝説2」(SFC)で、主人公2(ヒロイン)のプリムが、なぜかブリムにしてしまっていて、それに気づいたのがエンディング近くになってからだった……という思い出を思い出しました。
    2016年05月31日 06:14