「醸し人九平次 別誂え」のために作った酒肴

先日、頂いた高級酒「醸し人九平次 別誂え」を開けたのですが、その際に色々と肴も作ってみました。
お酒の紹介お酒の感想と書きましたが、今回は作ってみた肴について書こうと思います。


 今回作ったのは、左から昆布締めの鯛、油カレイ。鶏ハムタレ系、塩系。鱈切り身の昆布茶風味焼き。
 右下の白い物は、薬味の山わさびになります。
 本当は鱈ちり鍋を主役にしようと思ったのですが、流石に量が多くなりすぎるので切り身一切れにしました。

変換 ~ IMG_20171201_190141.jpg


◇ 昆布締め ◇
 さて、そんなわけで今回の主役となった「昆布締め」
 上が鯛と、付け合せの蕪。下が油カレイです(一部鯛が乗っていますが)。
変換 ~ IMG_20171201_184722.jpg
変換 ~ IMG_20171201_184731.jpg
 どちらも非常に美味しく、ビンチョウマグロで行った時とは違い昆布締めの真の実力をしりました。

 特に合っていると思ったのは、鯛よりもむしろ油カレイ。

 昆布締めの効果の一つとして、水分を適度に吸い取り身を締めるという事があるのですが、これが鯛だとやや固くなりすぎるきらいがあり、また、鯛は昆布絞めにしても美味しいけど、そのままでも美味しい……。

 油カレイは、生のままでも美味しいのですが、いっぱい食べるにはやや油味が強すぎるように思いました。身も鯛よりは柔らかい。
 それが、昆布に水分を吸われることによって、ちょうどよい身の締りになり、また脂分も少し抜けた感じに。
 また鯛よりも淡白な分、昆布の旨味ともともとの味がよく調和しているように感じました。昆布を戻す時に使う酢の風味とも相性が良いかも。

 先にも書きましたが、生のままだと多く食べるにはちょっと油っ気が多いのですが、昆布締めにすると、むしろ後から後から食べたくなる感じに。

 季節限定で新鮮なものでなければ刺身には出来ないようですが、しかし鯛のような高級魚というわけでもなく。そのウチまた油カレイの昆布締めを作ってみようかなと思いました。



◇ 鶏ハム ◇
 鶏胸肉を美味しく食べるためにレシピが作成されたという鶏ハム。
 基本的には塩などで味付けした鶏胸肉を、ラップやジップロックなどで包んでお湯に入れて、一晩程度かけて火を通す、という料理法になります。
変換 ~ IMG_20171201_183824.jpg
 今回は、焼鳥のタレを主体としたタレにつけて味付けをしたものと、塩胡椒と昆布茶を揉み込んだもので作ってみました。どちらも2日ほどジップロックに入れて寝かしておき、熱湯を入れた炊飯器で保温して5時間。写真では湯気のため見た目があまり変わりませんが、実際には表面の色がかなり違います。
 
 味は悪くなく、何よりもこの料理法は鶏胸肉のパサパサ感を抑えてしっとりと熱を通してくれます。保存も効き、ご家庭ラーメンのチャーシューとしてなど、肴として以外の使い方も多用。
 また、豚肉や鶏ももなど、別の食材に応用することも出来る優れた調理法です。

 今回も程よく出来、特に塩胡椒と昆布茶の方は、醤油などに漬けずそのまま食べても美味しい。塩コショウだけだと一味足りなかったのが、昆布茶のお陰で味が補完されていました。



◇ 鱈の切り身昆布茶風味 ◇
 またしても登場の昆布茶。そう。最近の自分の流行りなのです。
 例えば、缶詰のミートソースに一匙入れてみましょう。味がガチで深まります。もう、魔法の緑の粉と言っても過言ありません。
変換 ~ IMG_20171201_185856.jpg

 そんな魔法の粉をふりかけ、揉み込んでおいた鱈の切り身。
 本当は昆布締めにして鍋にしようと思っていたのですが、昆布が足りず、昆布茶で代用しました。また、鍋にしても肴の量が多くなりすぎるので、結局、味見程度に焼き魚に。
 しかしコレが意外と美味しく、鶏ハムと同じく醤油をつけずに食べても満足という一品となりました。本当に、侮れません、魔法の粉。

 さてさて。
 これらを食べながら飲んだ「醸し人九平次 別誂え」。
味などの感想は前回書きましたが、それとは別に「楽しい時間」を過ごすことが出来ました。

 頂いた時から、いつ飲もうかでワクワクし。
 どんな肴で食べようかを考えてワクワクし。
 実際にワクワクしながら飲んで。
 結局、この日は半分程度だけでやめて、ワクワクしながら次の日の夜を待ち、飲みきりました。

 お酒の楽しみ方には色々とありますが、多分、自分で買ったお酒ではこういう時間までは楽しめない気がします。
 ブログなどを始めて人付き合いが広がり、その関係でこのお酒を頂きましたが。本当にやっていてよかったと思う出来事となりました。

 ご馳走様でした。大変美味しかったです。

この記事へのコメント