♪ いちがつーはしょうがつーで酒が飲めるぞー ♪


今年もよろしくお願いします。

さて。
新年一回目の更新は……。

♪ 一月ーは正月ーで酒が飲めるぞー
♪ 酒が飲める飲めるぞー
♪ 酒が飲めるぞー

という事で、作ってみた雑煮の紹介など。

変換 ~ IMG_20180101_123406.jpg

0.用意するもの
・材料:鶏もも肉、ゴボウ、ニンジン、ダイコン、えのき、高野豆腐、鶏ごぼうすり身、ニラ、ネギ、そして餅
・調味料:塩、白だし、液体カツオだし、ティーパックだし、生姜、昆布茶、創味シャンタン、あと酢水
・フライパンと独り用土鍋





変換 ~ IMG_20180101_122600.jpg


1.ゴボウを荒いささがきにして酢水に浸す。

2.フライパンで鶏肉を焼く。

3.ある程度焦げ目がついたら、水1,600mlと白だし100ml、そして適量の塩、液体カツオだしを入れて、ティーパックだしを煮込み、さらに千切りにした生姜、そして隠し味に少量の昆布茶と創味シャンタンを加える。

4.そこにニンジン、ゴボウ、大根、大根葉、高野豆腐、えのき、鶏ごぼうすり身を入れて軽く熱を通す。

※これでベースは完成。後は必要に応じて個別に調理します。

変換 ~ IMG_20180101_122609.jpg

5.餅をトースターで焼き始める。

6.フライパンから食べるだけの具と汁を独り用土鍋に移して火にかけ、アクを取って、ニラとネギを加え、好みの程度に火を通す。

7.餅を入れて完成!

変換 ~ IMG_20180101_123406.jpg

生姜をよく効かせてあるので、身体はポカポカ。
香味野菜の風味が強いお雑煮になりました。

三つ葉はどうしようかと思いましたが、今回はニラが入っているし、何よりもこの時期の三つ葉は高いのでやめました。

ただ。今思うと、味、だし、そして彩りのためにエビさんは入れるべきだったなぁとも思っています。

さて。

肝心のオトモは。

変換 ~ IMG_20180101_175310.jpg

今年最初の酒ですし、地酒をチョイス。
男山「生酛純米」

720mlではなく900mlなので、今日はがっつり飲んでしまおうかと思っています。
とりあえず、最初の徳利一杯分をぬる燗で。
あとは冷で。

熱々の雑煮と流し込もうかと思っています。

それでは。
こんなブログですが、今年もよろしくお願いします。

この記事へのコメント