第20回MMD杯に参加!

ここ二ヶ月強、動画作成にずっとかかりきりでしたが、なんとか締切に間に合わせて第20回MMD杯に参加することが出来ました。

今回は4動画で参加。
うち、一つが新規作成。三つがリメイクとなります。

新規に作った「【第20回MMD杯本選】MMDオリキャラで狙う「一騎当千」【おっぱい角眼鏡】」は、最近多くなっていた「手癖で作る動画」から脱却しようと、今まで使わなかったエフェクトや手法をできるだけ取り入れることを目標にしていました。
お陰で随分と時間を費やすことになりましたが、作製技術の幅が広がり、それなりに満足できる水準に仕上がったと自画自賛しています。

ただ、Blenderさんなどのモデリングソフトの活用を始め、やろうと思いながらも手を出せなかった部分も少なからずあり、またやりたいことを詰め込みすぎたため、「何を見せたいのか」がボヤけてしまった感じも。

色々と難しいものです。

次の動画は、8月の第21回MMD杯に向けたものになります。ある程度やりたい事は思い描いているのですが、とりあえずはしばらく充電期間を置こうと思います。

何はともあれ、第20回MMD杯動画、お楽しみいただければ嬉しいです。





新規作品

【第20回MMD杯本選】MMDオリキャラで狙う「一騎当千」【おっぱい角眼鏡】


今杯参加作の目玉として出展。
実はモデルたちの性格なども、脳内ではかなり出来上がっていたりします。
そのうち、自己満足も含めてブログで解説を始めるかも。
この記事を書いている時点で1000再生とマイリス率5%を堅持。しかし再生数が増えるとマイリス率は微減するのが普通なので、目標でもある「投票期間終了時にマイリス率5%以上」は難しいかも、と思っています。



リメイク作品
【第20回MMD杯本選】中華ボーカロイド三人娘で「桃源恋歌」


リメイク作品。もともとかなりお気に入りだった動画でした。
歌詞表示/波形の挿入の他、ライティングや色調補正、発光エフェクト調整、モデルの表情などちょこちょこと修正をしています。
しかし、他の三作品に比べて圧倒的に再生数が少なく、寂しい……。サムネイルも含めて悪くない動画だと思っているのですが、もっとタイトルに工夫をするべきだったかもしれない、と、反省しています。
うん。タイトルに「チャイナドレス」とかの魅惑ワードを入れるべきだった……。



【第20回MMD杯本選】加藤段蔵とアサシンズで「バラライカ」

もともとは、加藤段蔵モデルの作者「弥勒」さんに、先行配信モデルを案内していただいたので、通常配信モデルが出る前に! と、急ぎで作った動画。
それでもぐだ子やニトクリスのTwitterリスト配信限定モデルを入手するなど結構頑張ったつもり。
急ぎだったので、ちょうどその時に作っていた動画から舞台設定などを拝借しています。
自分としてはネタ度合いも含めてお気に入りの一つだったので、今杯へのリメイク参加を決めていました。
リメイク内容は歌詞表示の追加程度ではありますが、自分としてはあまり直すべき所を見いだせなかったのもあります。


【第20回MMD杯本選】ボカロ、東方、けもフレで「バラライカ」

上の動画の元となったネタ系動画。前回MMD杯の(悪)夢再び。
リメイク内容は、後半での「ジャッギービースト」追加程度。本当は歌詞表示も追加したかったけど、時間がなかった……。とはいえ、やらないかの場合は歌詞を表示するのもヤボな気はします。
ジャッギービーストのセリフは「ボクの名前を言ってみて」とどっちにしようか悩み抜き、未だに未練を残しています。
もともとトキ(ジャパリパーク史上最も華麗な技を持つフレンズ)の配布に破顔して作り始めたネタの流れ(源流はこちら)ですが、今回は「レイムロウ」の配布も相まって余計カオスに。
どうしてもラオウも入れたかったのですが流石に色物改造モデルはまだ無く、仕方がないので色だけミクカラーに改造して、あとはアクセサリの付け毛で「覇津音ラオ」とでっち上げました。


実はもう一つ、締切まで残りが“日”ではなく“時”単位になった時点から作り始めた動画もあるのですが、流石に間に合いませんでした。
近いうちにそれも紹介しようかなと思っています。最近流行りのキズナアイやミライアカリさんたちバーチャルYouTuber動画だったりします。

とりあえず一山越えた感じがします。ちょっと虚脱気味。

次は、このブログの本来の目的である「駄文」の作製と、また新しく小説を書いていきたいと思っています。
小説に関しては、ここで発表しつつ何かのライトノベル賞に応募できると思えるだけのものを目指したい、と。

……
…………

とにもかくにも、今の自分の精一杯を込めた動画の紹介でした。
楽しんでいただければ嬉しいです。

この記事へのコメント