ハッシュタグ「魔女集会で会いましょう」に影響されて……。その1 傲慢の魔女グラニエ

先日、Twitterにて「#魔女集会で会いましょう」というハッシュタグに出会いました。

基本的には「永いときを生きる魔女が、人間の子供と出会い、育て、別れる」を基本とした2コマから4コマのショートストーリーをもったイラスト、という感じでしょうか。

これが人間のもつ妄想表現力を痛く刺激するらしく、一瞬にして数多くの作品がツイッター上に溢れました。

妄想を噴出させるだけに、かなり自由度が高く、上記の基本構造を持つもの以外もかなり多いのですが、自分もちょっと影響され、MMDで作って参加してみました。

とりあえず、その第一弾となります。

魔女集会で会いましょう「傲慢の魔女グラニエ」01.jpg

魔女集会で会いましょう「傲慢の魔女グラニエ」02.jpg

魔女集会で会いましょう「傲慢の魔女グラニエ」03.jpg

魔女集会で会いましょう「傲慢の魔女グラニエ」04.jpg



とりあえず、基本に忠実に、魔女が子供と出会い、時の流れとともに別れてしまう、という流れで、最後に少しだけ工夫を入れてみました。

グラニエさんが「傲慢」なのは、前回紹介したMMD杯動画で、ボツにはしたものの7人のモデルそれぞれに「七つの大罪」のキャラクタを当てはめており、その中でグラニエは「傲慢」を象徴していたから。
だから、最初から偉そうにソファで脚を組んでいたりしたのですが、白エイゼルにイジられてしまっていました。

子供が鏡音レンなのは、子供モデルと少年モデルの両方があるモデルが他に思いつかなかったため。せっかくなので、本当はMMDオリキャラにしたかったのですが……。

ちなみに、構成の問題上使わなかったけど、成長した「レンさん34歳」モデルもダウンロードしていました。

また、最後にレン君が骨になって生き返っているけど、それを邪法というのは、多分、拙作「キキさんのアルバイト」の影響。

とりあえず、あと2作品作っているので、おいおいそれらもアップしていこうと思います。

この記事へのコメント