豚肉の赤ワイン煮

クリスマスイブの夜。
独り、シャレ乙なディナーで乾杯。

とりあえず材料はこちら。

豚肉ブロック
ブロッコリー:1株
玉ねぎ:2個
赤ワイン:200ml
牛乳:100ml
ケチャップ:大さじ3
固形コンソメ:1個
バジルソルト:適量

変換 ~ IMG_20181224_160521.jpg

主役の豚肉は、脂身の少ないロースのブロック。
赤ワインは、セイコーマートのG7。750mlで500円のお手軽価格ながら飲みやすい赤ワイン。
バジル塩は、夏に栽培していたバジルを塩漬けにしたもの。バジルの保存が目的ですが、塩にもバジルの風味が移ります。



まずは、バターで玉ねぎを炒めて、豚肉の表面に焼き色を付けます。
変換 ~ IMG_20181224_161730.jpg



その間に、鍋に赤ワイン、牛乳、ケチャップを入れて混ぜておく……。

変換 ~ IMG_20181224_161420.jpg

……うん……。
人に見せたら「魔女の大鍋かな?」と言われたよ。

……大丈夫かこの毒々しい紫……。正直、食欲がわかないぞ……。

何はともあれ。
焼き色を付けた豚肉と玉ねぎを、毒々しいスープで煮込みます。弱火で四十分くらい。

その間に、ブロッコリを茹でておく。

密閉性の高い鍋で、少量の水で茹でると、水に旨味が溶け出さず色も綺麗。あるいはレンジでチンでもOK。

変換 ~ IMG_20181224_164202.jpg

そして。
いい感じに煮込まれた肉と玉葱。

変換 ~ IMG_20181224_165642.jpg

おお。
火が通ると紫色が抜けて、ビーフシチューのような茶色に。

今回は多めに作っているので、食べる分だけの肉を取り、一口大にカット。

変換 ~ IMG_20181224_165736.jpg

食べる用の別の鍋に取り分け、肉とブロッコリを軽くバターで炒めて……。

変換 ~ IMG_20181224_165822.jpg

スープを注いで少し火を通したら出来上がり。

変換 ~ IMG_20181224_175750.jpg

チーズとジャガイモ、そしてクリスマスらしくロゼの発泡ワインでいただきます!

変換 ~ IMG_20181224_175933.jpg

この赤ワイン煮。
見た目もそうだけどビーフシチューのような(豚肉だが)コクがあり、思っていた以上に美味。
作る手間も、市販のルーで作るカレーとさほど変わらない程度。
シャレ乙な食べ物かと思いきや、日常的に食べてもいいかも。

クリボッチネタで行こうかと思っていたら、想像以上に美味しく、ちょっと満足感のある独りクリスマスとなりました。

この記事へのコメント