【アイドル部MMD】もこ田めめめが回るダブルラリアット【19冬MMDふぇすと本祭】

また動画を作っていました。

今回「も」、MMDで一大旋風を起こしているVtuberグループ「アイドル部」のモデルを使用。

12人いるアイドル部の中でも一際異彩を放つ「もこ田めめめ」をセンターに据えてみました。





2月15日に公開。
それから5日間で再生数13,000、マイリス数750という、自分の動画としてはかつてないクラスで伸びました。
特にマイリス数は、今までの最高が400前後(「夢と葉桜」「HappyHalloween」)。

再生数は運が絡むけれど「マイリス率」はかなり客観的な評価軸だと思っている自分として、これは嬉しい。

詳しいことは動画を見てもらうとして。

今回の勝因は、まず「もこ田めめめ」の歩んできた道がやたらと「エモい」こと。MMDディスコードでそれに合う曲「ダブルラリアット」を推薦してもらったこと。
ダブルラリアットの歌詞がめめめの歴史と相まって最エモに見えるのです。
あとは、「この腕の届く距離」の部分に当て字の歌詞を入れたアイデアでしょうか。あれは自分でも良く出来た気がします。

それともう一つ。

誰でも分かる動画を作ろうと考えず、アイドル部ひいてはもこ田めめめの事をある程度以上知っている人にウケればいいと割り切った事。

正直、コメントを見る限り知っている人にはかなり「刺さった」内容にはなったようなのですが、作っている途中には「こんな分かりにくい演出で良いのだろうか」と悩みもしました。
例えば、サムネ一つとっても、もこ田めめめだけではなく「花京院ちえり」をその隣に配していますが、その意味が分かる程度に知っていないと、この動画は楽しめないだろうなぁ……と。

それでもここまで伸びたのは、今現在アイドル部ファンの視聴者が多く流入している……つまりはアイドル部MMDというジャンル自体が波に乗っている証左かなとも思いました。



さて。

もこ田めめめ。

彼女が所属するアイドル部は、非常に有名なVtuber「電脳少女シロ」の後輩達としてオーディションによって選抜されたVtuberグループなのですが、12人の内10人がアイドル部がVtuberデビューでした。

それ以外の二人……それ以前に「個人勢」として活動していたのが花京院ちえりともこ田めめめ。
彼女たちがアイドル部に参加した経緯は分かりませんが、本来10名で始まるはずだったアイドル部に、追加枠としてスカウトされたのかもしれません。

個人勢時代には視聴者も少なく、かなりまったりとした活動をしていためめめですが、アイドル部に入って大好きな「シロ」ちゃん(この娘、シロの事を語り始めると止まらなくなる)と活動を始め、「靴下ダサいもこー」と言われるようなイジられキャラが愛されて、やがてアイドル部の中でもトップクラスの人気を得るに至ります。

いわゆる「底辺Vtuber」から「トップアイドル」へと昇っていったサクセスストーリーを体現した存在でもありました。

今回の動画は、そんな経緯と、その後の飛翔、そして活動終了までをダブルラリアットの歌詞に乗せて表現したい……というかなり無謀な考えから作り始めました。



当初の構成からはかなり違ってきましたが、人から評価してもらえるだけのものを作ることが出来た事は嬉しく思います。


P.S.
とりあえず次の動画も作成中……。



次はキレッキレの木曽あずき……方針は「モーション配布動画を妥協しながらパクる」
誰が見てもわかりやすい動画を目指します。

次の動画が完成したら、流石に一旦MMDは休止かなぁ……。突発的に何か作りたくならない限り、その次は8月になると思います。

この記事へのコメント