小説「キキさんのアルバイト」再編集版 INDEX

以前書いた小説「キキさんのアルバイト」を再編集してみました。

ブログの他、小説投稿サイトの「セルバンテス」「小説家になろう」に掲載しています。内容は全て同じなので、アクセスしやすいサイトにてお楽しみ頂ければと思います。

一章が四話構成で、全五章。
一話ごとに毎週金曜日にアップ予定です。

完結済みの旧バージョンもあります(「E★エブリスタ」)。



セルバンテス版

小説家になろう版

ノベルアップ+

投稿サイト版はリンク先に目次があります。



ブログ版

第一話「キキさん、アルバイトを志す」

キキさん第一話表紙 光跡なし.jpg


◇ 序 章 ◇
作品の概要になります。
2019/04/14更新


◇ 第一章「キキさん、アルバイトを志す」 ◇
かつてハイレベルな冒険者だったキキさん。一人暮らしをしている館の維持管理費を捻出するため、アルバイトをしようと志します。
2019/04/14更新



◇ 第二章「BAR.ブレイブハート」 ◇
アルバイトの口利きをお願いするため、キキさんが行きつけのバーに。そこで、マスターから「魔王砦」のメイドの仕事を紹介してもらいます。
2019/04/25更新



◇ 閑話休題 キキさんについて ◇
物語の主人公であるキキさんについて、その性格や能力、生い立ちなどを紹介します。
2019/04/26更新


◇ 第三章「魔王の娘ハクと魔導生物クークラ」 ◇
アルバイトの面接に向かったキキさん。魔王砦で待っていたのは、どこか気の弱い魔王の娘ハクと、少女の人形を身体にしている魔導生物のクークラでした。
2019/04/26更新


◇ 第四章「キキさんの実力」 ◇
アルバイトの面接を受けるキキさん。実務のテストで、とんでもない魔術を使いあっという間に部屋の掃除を終わらせ、その実力を見せつけます。
2019/05/04更新


◇ 閑話休題その2 ハクについて ◇
ハクの生い立ちなどの紹介。色々と残念な娘なのですが、あれで結構な苦労人なのです。
2019/05/10更新


◇ キキさんのアルバイト番外編 往きて還りしルサの物語 その1 「第二の旅立ち」◇
キキさんの先輩でもある「ルサ」が、一人で旅だった際の物語。本編だけでは分からない「下の大地」の世界観の解説でもあります。
書き手ですら「さん」を付けるキキさんを、呼び捨てに出来る数少ないキャラクタがこのルサ先輩です。
2019/05/10更新




キキさんのアルバイト 第二話

第二話表紙完成.jpg




◇ 第一章「家政婦の弟子」 ◇
キキさんが砦跡にアルバイトに来てからしばらくが経った、冬の終わりのある日、キキさんが作った「ルンバ」を見て、好奇心旺盛なクークラがちょっとした実験を行います。それを見たキキさんは……。
2019/05/10更新


◇ 第二章「魔王の護衛官」 ◇
誰も来るはずのない砦跡に響いたノックの音。
やって来たのはハクの母「ミティシェーリ」の護衛官を自認していた氷の種族の男性「ゲーエルー」。
戦争を生き抜き、戦後は下の大地をさすらっていた彼が、ミティシェーリや幼少期のハク、また勇者の事を語ります。
氷の種族の目線で語られる歴史は、ハクを管理下に置いている国教会の伝えるものとはかなりイメージが違っており……。
2019/05/17更新

◇ 閑話休題 その3 クークラに関して ◇
砦跡でハクと共に暮す、謎の魔導生物「クークラ」。
何にでも乗り移る事ができ、現在は少女の人形の身体で生活している彼女(?)の紹介や誕生秘話となります。クークラが誕生した理由は、本編で語られる事はなく、クークラ本人すら知ることはありません。
2019/5/18更新

◇ 第三章「大気に満ちる魂」 ◇
クークラとの約束に基づいて、魔術「アニメート」に関する書籍を持ってきたキキさん。
そして、アニメートとも深く関わる「大気に満ちる魂」に関して解説を始めます。
それは単に魔術の方法論にとどまらず、世界の根幹に関わる概念。キキさんやハクたち「人ならざるもの」が生まれる要因の一つだったのです。
2019/05/25更新

◇ 第四章「聖務」 ◇
「魔王の娘」ハクを管理下に置く「国教会」。しかし、氷の種族たちとの戦争が人間たちにもたらした傷跡は未だ大きく。とにかくハクが絶対に反抗しないよう、毎年神品(聖職者)を送り、その心を折り続けています。
現在、その役を任じられているのは「スヴェシ」という主教。
優秀な彼に対して、キキさんも一筋縄ではいかない人物と警戒します。
2019/05/31更新

◇ 閑話休題 その4 スヴェシに関して ◇
前回初登場した主教「スヴェシ」の紹介。
キキさんは一定の評価をするも、クークラにも蛇蝎のごとく嫌われている、完全に悪役の彼。
しかし、彼が好んでいるものや、その行動原理になっている欲求はかなり意外なものだったり……。
キキさんやハクなど、作中人物が決して知ることのない、彼の心の内を紹介します。
2019/05/31更新

◇ 第二話 エンディング「氷結晶」 ◇
あくまで、第二話のエンディングであり、物語の終わりではありませんのであしからず。話はまだまだ続きます。
キキさんに、創りかけの氷結晶を見せるハク。母親との思い出であり、心の支えにもなっている氷結晶の創造ですが、自信を失ったハクはそれすら自虐の対象にしてしまいます。しかし、氷結晶の美しさをキキさんは褒め、その仕事の素晴らしさと、それにともなう自尊心を取り戻すべきと激励。国教会によって凍っていたハクの心が、このときから少しづつ解け始めます。
2019/05/31更新

◇ 番外編 往きて還りしルサの物語 第二話 「森に棲む者たち」 ◇
キキさんの先輩であるルサの物語。
人間たちが侵略してくる直前の森に行き着いたルサ。人間体の横暴に怒りを覚えたルサは、その地に棲むモノたちを率いて、徹底的な反抗を仕掛けます。戦力的には不利ながら、土地や地形を活かした戦術で、ついには人間たちを追い返しますが……。
2019/05/31更新



キキさんのアルバイト 第三話

第三話表紙 両目.jpg

◇ キキさんのアルバイト 第三話 第一章:ある夏の日 ◇
キキさんがアルバイトを始めてからそれなりの年月が経ちました。最初はただの勤務先と思っていたものが、ハクの支えとして仕え、クークラに魔術や棒術を教える事を通して、キキさんも家族に準ずる愛情を彼女たちに捧げるようになります。
ストーリーも中間地点。一つの転機となる話になります。
2019/06/08更新

◇ 閑話休題 その5 ルサに関して ◇
キキさんの先輩、ルサ。書き手ですら「さん付け」してしまうキキさんを呼び捨てにできる数少ない人物。番外編でも活躍する彼女の紹介になります。
2019/06/14更新

◇ 第ニ章「喜びと苛立ち」 ◇
アニメートの術を成功させたクークラ。喜ぶキキさん。しかし、それを知らずに工房に籠もったままのハク。早くハクにも知らせたいのに……。喜びが裏返しになり、イライラしてしまったキキさんは……。
2019/06/14更新

◇ 閑話休題 その6 ワシリーに関して ◇
キキさんの仲間たちのうちでも、もっとも謎めいた存在だったワシリー。「キキさんのアルバイト」に出ては来ないキャラクタですが、ここで紹介させて頂きます。
2019/06/14更新

◇ 第三章前編 「仲直りはその日のうちに(前)」 ◇
◇ 第三章後編 「仲直りはその日のうちに(後)」 ◇
文字数が多くなったため、前後編に分けています。
すれ違いから喧嘩をしてしまったキキさんとハク。しかし、大人には大人の仲直りの仕方が……。
その夜、キキさんがハクの部屋を訪れ、オトナのやり方で仲直り。ハクとクークラに愛情を持っていたキキさんですが、メイドと雇い主の関係を超え、友人としても付き合いが始まります。
2019/06/22更新

◇ 第四章 「未熟ゆえ」 ◇
キキさんとハクの初めての喧嘩を経て、日常が戻った砦跡。
朝の棒術の鍛錬の最中、元「魔王の護衛官」ゲーエルーが訪れます。稽古を付けてやる、というゲーエルー。それは当然、クークラに対して言っているのかと思いきや、それはキキさんにもかけられた言葉でした。
キキさんとゲーエルーの立ち会い。
そして着々とアニメートの術の腕を上げていくクークラが、思わぬ失敗を……。
2019/07/06更新

◇ 閑話休題 その7 ルギエに関して ◇
キキさんの後輩で、男装の麗人的な見た目ながら心は乙女なアッタカー「八剣のルギエ」。今作には全く出てきませんが、同じ世界感を使いまわす次回作「ルギエの花嫁武者修行」の主人公……と、思っているキャラだったりします。
2019/07/06更新



キキさんのアルバイト 第四話

第四話表紙.jpg


◇ 第一章 「愛情に包まれて」 ◇
すっかり砦跡の一員となったキキさん。ハクと友人としての関係を築き、一緒に宅飲みする事も当たり前の光景になってきました。
そんなある日、砦跡を取り巻く「大気に満ちる魂」の中に、異質なものがある、とクークラと話します。
異質な魂。
その正体はハクの母「ミティシェーリ」ではないかと、二人は推論しますが……。
2019/07/06更新

◇ 閑話休題 その8 モコに関して ◇
キキさん達のパーティ、五番目にして最後の加入者。医者にして薬師の「紅い月のモコ」。
儚げな雰囲気の美人ながら、報連相のなっていない自由気ままな性格から、パーティのトラブルメーカーでもある彼女。
物語の最後に、ちょっとだけ出てきたりします。
2019/07/12更新

◇ 第二章 「墓参り」 ◇
キキさんがアルバイトに来た時には、心弱く臆病で、内心では涙を流してばかりだったハク。
子供であるクークラを養育する責任感に目覚め、キキさんとの喧嘩を経て友としての関係も築き、そして氷結晶作成という自分にしか出来ない仕事を通じて、自尊心を取り戻していきました。
ハクの成長は、キキさんのアルバイトという小説の中でも、一つの大きなテーマになっています。
今回の話は、その集大成。
ハクが、国教会の精神的な束縛から完全に逃れ、心の自由を獲得します。
2019/07/12更新


◇ 番外編 往きて還りしルサの物語 第三話 「山河の義勇軍」 ◇
人間たちの開拓の手から森を守りきったルサたち。しかし、氷の種族との戦争に勝利した人間たちは、その滾ったエネルギーを外へ外へと発散します。「人ならざる者たち」が住んでいた山河が、人間たちによって開拓の手に晒され、住処を追われた者たちがルサたちに助力を求めに来るようになります。ルサは、自分や仲間たちを人間の「フロンティア」と接する山河へと派遣し、彼らを護ろうと奮闘するのですが……。
2019/07/19更新

◇ 第三章 「ある春の日」 ◇
ある晩春の一日。何事もなく過ぎ去るはずだった、普通すぎるほどに普通の日。
しかし、ゲーエルーの突然の訪問と、彼がもたらした情報により、日常は非日常に転換し、大きく加速していきます。
そして、ゲーエルーが状況の説明を終えた時、老年になったスヴェシが現れ……。
2019/07/19更新

◇ 番外編 往きて還りしルサの物語 第四話 「往きて還りしルサの物語」 ◇
ルサの物語もこれが最終話。
人間との抗争が絶え、小康状態にあった山河の義勇軍。しかし、人間たちの国が突如として内乱状態に陥ります。
状況に対応するため、今後の方針を巡って総指揮官のルサと参謀のベレギーニャが対立。
政争の果てに、ルサにとっても大きな転機が……。

……
…………

ルサとベレギーニャの濃厚なキスシーンもあるよ!
2019/07/26更新

◇ 第四章 「ハクの旅立ち」 ◇
「魔王の娘」の担当主教として、最後の仕事を果たすために来た、傷だらけの姿のスヴェシ。勇者によって本名を封じられ、ハクの名前を与えられた「魔王の娘」。彼女が母によって名付けられた真の名前を取り戻します。
そして。
キキさんは、禍々しい「禁術」としてのアニメートを使用する決意を……。
2019/07/26更新


キキさんのアルバイト その後の話

その後の話 表紙.jpg

その1 「アルバイトを終えて」
クーデターにより国と国教会が力を失い、幽閉されていたハクが自由の身に。それに伴い、キキさんのアルバイトも終了。
長く努めていたアルバイトが終わったことにより、キキさんは再び一人暮らしに戻りますが、しかし喪失感、寂寥感が募ります。
キキさんが寂しさに耐えかねていた時、彼女の住む館のドアノッカーが打ち鳴らされて……。
2019/08/02更新

その2 「旅の途中、モコとの出会い」
国教会による拘束が無くなり、自由を得たハク。世界を見るために、旅に出ることになります。
目的地は、最果ての森のキキさんの館。
長い旅程の途中、山の中の村で、ゲーエルーとハク、クークラの一行は赤毛の女性「モコ」と知り合います。
医者でもある彼女は、村で病弱な少女を診るために長逗留しているのですが……。
2019/08/09更新

その3 「旅の途中、ディエバチカとの別れ」
旅の途中。
病床の少女「ディエバチカ」と仲良くなったクークラ。しかし彼女の身体は既に回復することはなく、ただ死を待つのみという状況でした。
魂は身体を離れても、大気に満ちる大いなる魂に同化する、というモコの教えもあり、自らの死を受け入れているディエバチカ。
しかし、それはやはり個人としては死である、とクークラは反発。
スヴェシが復活した事例を挙げ、アニメートによる死の拒絶を提案します。
2019/08/16更新

その4 「ハク達の到着」
ハクとクークラが砦跡から旅立ち、キキさんとルサが最果ての森の館に帰ってから一年(キキさん達の時間間隔を人間のそれに直すと約36.5日)。旅の果て、ハク達がキキさんの館に到着します。
旅の間にクークラはアニメートの腕を上げ、その成果はキキさんを驚愕させるほど。
そして。
ハクとクークラの先導兼護衛をしていたゲーエルーを見たルサは……。
2019/08/23更新


キキさんのアルバイト 蛇足の話

キキさん表紙1200-630.jpg

その1 「円卓の間で」
キキさん達の館に滞在するハク、クークラ、そしてゲーエルー。キキさんの他、ルサとモコも帰ってきており、六人が滞在中。
とりあえず、自己紹介や近況報告のために、円卓の間に集まって、それぞれの今までの活動を報告しあいます。そんなやり取りの中、ゲーエルーに一目惚れしたルサは……。
2019/09/08更新

この記事へのコメント