スモーカー作成記(運用試験段階)

突然ですが、先日、スモーカーを作ってみました。

何年も前に、スチール棚を作るために購入した資材があったのですが、必要がなくなりバラしていました。
それを改めて組み直し、骨組みを作成。

変換 ~ IMG_20190426_155902.jpg

それに、キッチンまわり用のアルミシートをアルミテープで貼り付け。

変換 ~ IMG_20190426_164544.jpg


そこに焼肉用の網などを取り付けて、完成。
また、吊り下げ用のステンレス製S字フックも用意してみました。
扉部分は、そのままではちゃんと閉まらないため、磁石で押さえます。

ここでは熱源としてガスコンロを設置してますが、熱によるボンベの破裂を懸念して、電気コンロに変更。
最初は2,000円程度の電気コンロを購入するも、一回使用しただけで破損したため、最終的には3,500円の電気コンロに買い替えることになります。

変換 ~ IMG_20190503_165908.jpg

初代電気コンロ。最大で600wの火力。
一回使用しただけで壊れてしまいましたが、安価ながらAmazonでは評価が高く燻製に使っている人も居るようなので、おそらく引きが悪かったのでしょう。

変換 ~ IMG_20190514_192946.jpg

現行で使用しているのはこちら(写真は、初めて使った焼き肉の時のもの)。
1200w、800w、400w、270wと出力調整が可能で、ニクロム線だった初代電気コンロに比べてかなり頑丈そうな電熱線。

とは言え、高温になるスモーカー内での運用になるため、寿命は短いかと思います。あまりすぐ壊れるようであれば、電気コンロでの運用は諦めて木炭コンロなどを熱源にしようかと思っています。

さて。

とりあえずスモーカーは完成したので、実際に燻製を作ってみます。



というわけで、食材をセット。

変換 ~ IMG_20190525_174424.jpg

変換 ~ IMG_20190525_174451.jpg

変換 ~ IMG_20190525_174439.jpg

変換 ~ IMG_20190525_174443.jpg

豚肉、鶏ささみ、6Pチーズ、ゆで卵、鮭ハラス、青マス。
チーズはでろーん対策としてキッチンペーパーを敷き、青マス(カラフトマス?)は、試験的にSフックにかけています。

今回は、ヒッコリーのチップを使用し、800wで90分程度いぶしてみました。

変換 ~ IMG_20190503_190825.jpg

温度は、基本的に80から90度程度で推移。
ただし、チップが20分程度で燃え尽きるため、その都度蓋を開けてしまっていました。

変換 ~ IMG_20190525_190927.jpg
(ピンボケ……)
S字フックにかけていた青マスは、4個中2つが落ちてしまっていました。魚には使えないのかもしれません。

変換 ~ IMG_20190525_191930.jpg

出来上がったのがこちら。

見た目は上々。

しかし、試食してみると、チーズ以外は燻煙具合がやや足りない感じ。
また、普通に食べるのであれば十分に火は通っているのですがまだ瑞々しさが残っており、燻製としてはもう少し加熱したほうが良さそう。

とりあえず、今はまだ試験段階。

次は食材の下味の付け方や、加熱時間をもう少し考えてみようと思います。

……
…………

それにしても。

このスモーカー……独り暮らし用には大きすぎるよなぁ……やっぱり。

この記事へのコメント